【三協F柏で見よう!】ボルテージを引き上げる新背番号10~江坂任(柏レイソル)~

2018年2月26日(月)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!

----------



群馬と大宮での活躍から能力の高い選手だとは承知していた。だが今オフに柏へ移籍し、実際に日々のトレーニングを通じて彼のプレーを間近で見ていくと、「これほど良い選手だったのか」と驚かされることが多い。

江坂任が柏で務めるポジションはトップ下だ。中川寛斗や、昨季まで柏に在籍していた武富孝介が担っていたことからも分かるとおり、このポジションはダブルボランチと関わりながらビルドアップをスムーズに行う潤滑油としての役割を求められ、なおかつクリスティアーノ、伊東純也、ハモン ロペスの前線3枚と中盤をつなぐリンクマンとしてのタスクを担う。

ただ、江坂はそれだけでは終わらない。攻撃のリズムを崩すことなく上記のタスクを見事にこなして味方にボールを預けると、今度は自ら迫力とパワーを持ってゴール前へ入り、得点を狙うのだ。攻撃の軸であるクリスティアーノも、江坂のパスを引き出すポジショニングとボールの収まり、前線へ出ていくタイミングの良さを高く評価しており、「江坂は非常に賢い選手」と賛辞を述べる。また、柏が今季こなしたACLプレーオフのムアントン戦、ちばぎんカップの千葉戦、そしてACLグループステージ第1戦の全北現代戦、この3試合で3得点、4得点、2得点と複数得点が生まれている要因として、ハモン ロペスは「クオリティーの高い新加入選手のおかげで我々の攻撃力が上がった」と、江坂加入を攻撃力向上の理由に挙げた。

さらには江坂自身が、柏のボールを保持するスタイルとの相性の良さを感じている。「今年は間違いなくゴール前のシーンは増える。10得点10アシストはマスト」と自らに高いハードルを課すのも、裏を返せばそれだけの自信と手応えがあるからだろう。

そして、特筆すべきはプレー面のみならず、ビジュアル的にも魅力を持った選手、いわゆる“イケメン”である点だ。したがって早くも柏では多くの女性サポーターからの支持を受け、人気は急上昇中である。

「自分が勝利に導くくらいの気持ちでやる」

そう明言する柏の新背番号10。江坂任がチームの攻撃力を増幅させ、三協フロンテア柏スタジアムの黄色く染まるスタンドを熱狂させる。

文:鈴木潤(柏担当)
----------
人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、柏レイソルのホームスタジアム「三協フロンテア柏スタジアム」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
三協フロンテア柏スタジアム(柏レイソル)

★柏レイソルホーム開幕戦★
明治安田生命J1リーグ 第2節
3月2日(金)19:30KO 三協F柏
柏レイソル vs 横浜F・マリノス

スタジアムナビ