【 札幌ドで見よう!】恩師・ミシャのために~ 駒井善成(北海道コンサドーレ札幌)~

2018年2月20日(火)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!

----------



広島、浦和を率いJ1上位へと導いてきたセルビア人(オーストリア国籍)指揮官、ミハイロ ペトロヴィッチ監督が今シーズンから就任した札幌。攻撃的サッカーを標榜する新指揮官のもと、札幌がどういった戦いを演じるかは注目を集めるところである。そうしたなかで、新天地に赴いたペトロヴィッチ監督が唯一、過去に指導した選手を新戦力として獲得しているのだが、それが駒井善成だ。期限付き移籍で加入している。

駒井は2016年に京都から浦和へ完全移籍。カテゴリー問わず、日々多くの試合に目を通すペトロヴィッチ監督が白羽の矢を立てて獲得をしたドリブラーだった。失礼な表現になるが、京都時代はどちらというと“知る人ぞ知る”好選手だったように思う。それが浦和へ移籍をし、その巧みなドリブルで埼玉スタジアムの大観衆を沸かせる存在へとステップアップ。「僕のような無名な選手をミシャさん(ペトロヴィッチ監督の愛称)が引き上げてくれた」と駒井は感謝する。ペトロヴィッチ監督が志向するパスサッカーのなかで、貴重なアクセント役を担い続けた。

残念ながら昨年7月末にペトロヴィッチ監督が浦和を解任すると、重用されていた駒井の出場機会も減少。歯がゆい時期が続いていたが、そんなときにも「試合に絡めていない僕を気にかけてくれて、ミシャさんは人づてにメッセージを届けてくれた」と駒井は振り返る。そして昨年末、ペトロヴィッチ監督の札幌就任が決まると、すぐに駒井のもとに“恩師”から誘いの声が届いたのである。「ミシャさんのためにも、全力で札幌に貢献したい」と声を弾ませた。

新たなチームでは、守備的MFとしてもプレーすることになりそうな気配だ。もともとは切れ味鋭いドリブルでサイドを深くまで突破し、決定機を演出するタイプ。しかしながら、ペトロヴィッチ監督の戦術を熟知するこの選手がフィールド中央でプレーすることで、戦術の浸透がスピードアップすることが期待される。

ペトロヴィッチ監督のもとではまだリーグ戦で得点を奪えていない駒井。インサイドでプレーすることで、そのチャンスはグッと増えるかもしれない。恩師と共に赴いた北の大地で、想いのこもった特別な得点を見せて欲しい。

文:斉藤宏則(札幌担当)
----------
人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、北海道コンサドーレ札幌のホームスタジアム「札幌ドーム」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)

★北海道コンサドーレ札幌ホーム開幕戦★
明治安田生命J1リーグ 第3節
3月10日(土)19:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs 清水エスパルス

スタジアムナビ