【吹田Sで見よう!】ブレイクの予感漂う、中村敬斗!~中村敬斗(ガンバ大阪)~

2018年2月21日(水)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。 選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。 この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!

----------



今季のルーキーの中で、一際目を惹くのがFW中村敬斗だ。中学時代から三菱養和SCのエースとして活躍した中村は高校3年生になる今年、ガンバ大阪への加入を決断した。近年では宇佐美貴史や井手口陽介、堂安律といったアカデミー所属の選手を『飛び級』で昇格させてきた実績をもつガンバだが、外部から『飛び級』で獲得するのは史上初のこと。その事実からもクラブが彼にどれだけ大きな将来性を見出しているのかは一目瞭然だ。中村自身もまた「世界との差をできるだけ早く埋めたい」と語気を強める。

「世界には10代でトップクラスで活躍している選手がたくさんいる。自分もその一人になるために、できるだけ早く『プロ』としてスタートを切るべきだと思った」

その強い決意は、加入直後から『結果』で示すと決めていた。レヴィー クルピ新監督にアピールするにはまず、FWとして数字を残すことが最善だと考えていたからだ。しかも特筆すべきはそれを有言実行してきたということ。2月8日、若手中心で臨んだFC琉球との練習試合では2ゴールの活躍を見せると、11日の浦和レッズ戦でも1ゴールと『結果』を重ねる。開幕前最後の練習試合となった17日の徳島ヴォルティス戦ではノーゴールに終わったものの、トップチームに入っても遜色ない動きをみせ、クルピ監督を「すごく将来性のある選手。今日も素晴らしいプレーをみせてくれた。敬斗が今後試合に出る可能性は十分にある」と言わしめた。 

もっとも本人に慢心はない。自分のフィジカル的な物足りなさ、体の使い方などに多くの課題を感じているからだ。だが、そうやって自身に対して厳しい目で向き合い、課題の克服に取り組めるのも、そしてキャリア豊富な先輩選手に全く物怖じしないあたりも、ある意味中村の『強さ』。まさに先に名前を挙げた『飛び級』の先輩たちがそうであったように、だ。

であるならばーー。彼らと同じように中村がその才能をJリーグのピッチで開花させるのは、時間の問題かもしれない。

文:高村美砂(G大阪担当)
----------
人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、ガンバ大阪のホームスタジアム「パナソニック スタジアム 吹田」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)

★ガンバ大阪ホーム開幕戦★
明治安田生命J1リーグ 第1節
2月24日(土)14:30KO 吹田S
ガンバ大阪 vs 名古屋グランパス

スタジアムナビ