【大銀ドで見よう!】自信みなぎる男~藤本憲明(大分トリニータ)~

2018年3月2日(金)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!

----------



「得意な形がないのが特徴」と自らを語るストライカーは、言葉通りに得意とする得点パターンがない。ただ、それは「どんな形でも得点できる」ことの裏返しである。今季、「2年連続J3得点王」の肩書きを引っさげ、鹿児島から一人昇格した。「得点がすべて」を地でいく藤本憲明は、JFLからJ3、J3からJ2と自らの得点で価値を高め、カテゴリーを上げながらチームを渡り歩いた。

その甲斐あって、どのカテゴリーであってもチームの特徴に馴染み、自分のプレーを活かせる力を身に付けた。大分に加入して1ヶ月半。コンビネーションや3人の関連性で得点を狙う大分のスタイルに順応している。戦術練習では休む間もほとんと取らず、徹底的にパスの感覚や周囲との呼吸を体にすり込ませた。そのなかでフリックを使うことも増えてきている。「上手くいけば、2、3人の相手を一気に置き去りにできる」と言う難易度の高い技術を獲得しようとしている。

流れるような連係を理想としながら、「意外性を出したい」とドリブルで攻撃のテンポを変える。さらに前線からの猛烈なプレスで流れを引き戻す役割も担う。得点ばかりがもてはやされるが、好調のバロメーターは豊富な運動量をベースにした守備にある。「大分のサッカーを理解し、もっと自分のプレーを出したい」と貪欲なストライカーの引き出しの多さに驚くばかり。

一昨年の14得点でJ3得点ランキング3位となった後藤優介が、昨年は17得点を挙げブレイクしたことを知っている。「後藤ができて俺にできないことはない。その上をいきたい」とさらりと言うあたり、この男の自信が伺える。

文:柚野真也(大分担当)
----------

人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、大分トリニータのホームスタジアム「大分銀行ドーム」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
大分銀行ドーム(大分トリニータ)

★大分トリニータホーム開幕戦★
明治安田生命J2リーグ 第2節
3月4日(日)15:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs モンテディオ山形

スタジアムナビ