【磐田 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:器用なユーティリティプレイヤー・松本昌也

2018年2月24日(土)

キャンペーンバナー


いよいよ2018年の明治安田生命J1リーグが開幕戦を迎える。磐田は、ホームのエコパスタジアムで、昨季Jリーグ王者の川崎フロンターレを迎え撃つ。攻撃的なサッカーを展開する王者に対して、持ち前のチャレンジャー精神で、王者に挑む。

そんな注目の一戦を控える中で、磐田加入2シーズン目を迎える松本昌也に注目したい。松本の特徴は、中盤ならどこでもこなすユーティリティさだ。松本は、ボランチやシャドー、サイドの一角としてもプレーできる。松本が複数のポジションを器用にこなす、ユーティリティな一面に迫ってみた。

「昔からユーティリティさはあった」と松本は語る。その一面が築かれたのは、高校時代まで遡る。松本は、JFAアカデミー福島のユース出身選手である。「アカデミー時代は、全員がポジションを固定せず、様々なポジションを経験している」と当時を振り返った。松本のユーティリティさは、ユースの育成方針により築かれたものだった。

磐田では、サイドで起用されているケースが目立つ。時には右サイドでプレーし、時には左サイドでプレーしている姿がトレーニングから見られる。それについて松本は、「右サイドも左サイドも違和感なくプレーできる」と語っていた。
またサイドの選手によく見られる傾向として、プレーするサイドが左右変わることで、見える視界が変わってしまい、そのことで違和感を覚える選手も多い。しかし松本は、「感覚的に少し違いはあるけど、視野が変わることは気にならない」と語る。そんな器用さこそ、松本の最大の武器だろう。

開幕を控えて松本は、「チャンスが来れば、そのチャンスをものにしたい。 いつでも出られる準備をしてきているので、出たポジションでチームの力になりたいと思っている」と強く意気込みを語っていた。松本の魅力でもあるユーティリティさはチームの中でも重宝されるはずである。磐田での2シーズン目を迎える松本に今季は注目だ。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第1節
2月25日(日)15:30KO エコパ
ジュビロ磐田 vs 川崎フロンターレ

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集