【YS横浜 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:"あの人"と交わした約束を力に変えて

2018年3月8日(木)


「あの人と上の順位で待っていると約束した」

後藤京介は開幕前に大ケガを負った辻正男と誓った。昨季、クラブ史上最高順位である14位に躍進したYS横浜を引っ張っていたのは紛れもなく辻。シーズン14得点を叩き出し、絶対的な存在だった。だが、そのストライカーは今季、ほとんどの試合をピッチで戦うことはできない。

誰もが『痛い』とうつむくように、チームとして大打撃であることが分かる。そこで大黒柱として牽引してきた後藤はキャンプ中に仲間へこう訴えかけた。

「あの人がいないことは相当痛い。でもいないことは事実だし、監督も言っていたけど誰かが補うとかではなくて、みんなで協力していくしかない。特に正男さんに代わって出る選手たちが、少なからず責任やプレッシャーはあると思う。それを良い方向に進めていくしかない」

全員が一枚岩となって戦うしかない。その中でも自然と期待が懸かる男は背番号14・後藤だろう。昨季は攻撃のタクトを振るい、正確無比な左足でチャンスを幾度なく切り拓いてきた。「パス成功ランキングのトップを目指している。去年は田辺圭佑くん(元・琉球、現・熊本)が2年連続で1位だった。そこは狙いつつ3位以内には入りたい。そういうのも意識しつつ前にも出ていきたい」と今季へ向けて意気込む。さらに存在感を増していくレフティ。彼の活躍がシーズンの行方を左右すると言っても過言ではない。

そして、ついに開幕を迎えるJ3リーグは神奈川ダービーから火蓋を切る。「早く試合をやりたい」と逸る気持ちを抑えきれない後藤。“あの人”との約束を果たすためにも、まずはスタートダッシュを切りにピッチへ向かう。

文:髙澤真輝(YS横浜担当)


明治安田生命J3リーグ 第1節
3月9日(金)19:00KO ニッパツ
Y.S.C.C.横浜 vs SC相模原
ニッパツ三ツ沢球技場(Y.S.C.C.横浜)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.8)
アクセス (3.5)
イベント充実 (2.5)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (1.5)

移籍情報