【仙台 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:静かに闘志を燃やす関憲太郎。仲間とともに、相手の強力攻撃陣の前に立ちはだかる

2018年3月9日(金)


仙台は今季の明治安田J1リーグで、開幕からの2試合をどちらも1-0で終え、連勝を達成した。無失点でこの結果を出せた要因のひとつが、最後尾に構える関憲太郎の好セーブだった。

相手が意表を突くミドルシュートを打ってきても、仙台の最終ラインの裏にロングボールとともに抜け出そうとしても、落ち着いて対応。シュートに対する素早い反応速度や、踏み切りから迷いなく飛び出すジャンプといった身体能力の高さも目を引くが、そうしたフィジカル任せではなく、味方との位置関係を把握した上でベストのセービングのかたちを選択する。

その無失点勝利の立役者は、連勝にも浮かれることはない。「去年のこともありますし、この先がもっと大事になってきます。まだまだチームとしての完成度が上がったかどうかを考えるよりも、危機感を持って試合に臨んでいる、というのが正直なところです」と、気を引き締める。

仙台は昨季も開幕2戦を1-0で終えていたが、第3節では0-2で敗れて連勝が止まった。その時と同じ相手である神戸を、仙台は今季の第3節でもホームのユアテックスタジアム仙台に迎える。

「相手には“一発”で決める力を持つタレントがいます」と、関は強烈なキャノンシュートを持つルーカス ポドルスキのような神戸の“個”の力を、警戒する。「まずはみんなでしっかり対処してコースを消すなどして組織で抑えたい。ピンチを未然に防げればベストですが、まったくピンチがない展開というのもないので、打たれたときにもしっかり準備をできるようにしたい」。GKとしていつ出番が来ても大丈夫なように、日頃の準備を怠らない関。試合中のプレーでも、いつ飛んでくるかわからないシュートに備えることはもちろん、取ったボールをどのように味方に託すのか、先のプレーに備えている。

仙台のホームタウンにとっては、東日本大震災の発生からもうすぐ7年が経とうとする3月10日に開催される、大事な時期のホームゲームでもある。昨季の悔しさを晴らし、今季の成長を示すためにも、関は仲間とともに、相手の攻撃陣の前に立ちはだかる。

「借りは、ピッチで返します」

静かに、だが力強く、関は意気込みを口にした。

文:板垣晴朗(仙台担当)


明治安田生命J1リーグ 第3節
3月10日(土)14:00KO ユアスタ
ベガルタ仙台 vs ヴィッセル神戸
ユアテックスタジアム仙台(ベガルタ仙台)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.6)
アクセス (4.7)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.7)

スタジアムナビ