【磐田 vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:チャンスを掴み飛躍を遂げる三浦龍輝

2018年3月9日(金)


前節・名古屋グランパス戦で0-1と敗戦したジュビロ磐田は、開幕から連敗スタートとなってしまった。そんな名古屋戦のスタメン表を見たときに驚いた人も多かったはず。スターティングメンバーに絶対的守護神でもあるカミンスキーの名前がなかったからだ。試合前日にかかと痛を再発。急遽スタメンに抜擢されたのがGK三浦龍輝だった。

三浦にとって前節・名古屋がJリーグデビュー戦。しかもカミンスキーの負傷により、急遽スタメンを任せられるなど難しい状況下での出場だった。しかし三浦が見せたパフォーマンスは圧巻だった。4分右サイドを攻略され、ボックス深い位置からクロスで折り返し、ジョーが放ったヘティングシュートを見事にセービング。試合開始早々にチームを救うと、試合終盤の76分にもシャビエルがボックスからはなったシュートを左足1本で見事に死守。その他にもチームを救うビックセーブを連発し、最小限の失点に食い止めた。そんな三浦は、「自分はJ1で初めてデビューして、できるというのを証明できたと思うし、次につながる試合だった」と名古屋戦を振り返った。

今後GKのポジション争いは激しくなることだろう。ライバルとなるカミンスキーも三浦について「(三浦)龍輝の実力はわかっている。練習も真剣に取り組み、もっと良くなる選手だと思う。」と賛辞の言葉を送った。また三浦もカミンスキーの存在を意識している。「カミック(カミンスキー)という存在を追い越していけるように頑張っていきたいです。」と語る。お互いが高め合う中で、三浦は更なる成長を遂げるはずだ。「至近距離のシュートや足元の技術では全然やれるし、自分の武器でもあるので、そこをもっと伸ばしていきたいと思います。」と成長意欲も高い。昨季加入当初は、第4GKという立場から本人のたゆまぬ努力で少しずつ序列をあげた、努力家・三浦の成長に期待したい。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第3節
3月10日(土)15:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs FC東京
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)

移籍情報