【栃木 vs 山口】 ウォーミングアップコラム:榊翔太にある鋭さと飢餓感。その左足、炸裂なるか。

2018年3月10日(土)


その左足、炸裂なるか。
榊翔太(写真)の状態が変わらずいい。前節アウェイの岡山戦は78分に途中出場し、前線から中盤を駆け回った。直後には相手の中盤から粘り強くボールをかっさらい、ショートカウンターの起点となってチャンスを構築した。
相手の岡山がしっかりと守りに入っていた時間帯。榊は期待される豊富な運動量と鋭さ溢れるスピードで相手を揺さぶり、栃木の攻撃を活性化させた。
「あのときの自分の役割は、前から追って相手ボールをひっかけて、少しでもチャンスを作ること。ほぼイメージ通りのプレーはできたと思います。あとはどんな短い時間でもシュートまで持っていきたい。自分はFWなので」

手応えと同時にあるのは、結果への飢餓感だ。
昨季の7月、J2昇格への切り札として獲得された榊だったが、加入後はケガを繰り返すなどコンディションが整わず、わずか2試合の出場にとどまった。
「みんなにJ2に昇格させてもらった感覚が強いんです。今年こそチームに貢献しないと」

オフ期間は地元の帯広に戻り、休むことなく自主トレを積んだ。明けて迎えた1月のチーム始動日には誰よりもキレのある動きで違いを見せつけた。その状態の良さを今も維持している。
「自分はスタメンで出たいと思っているし、求められることをやっていけば必ずチャンスはもらえると思っています。いつ出場してもいいように、常に100%という状態を準備するだけです」

栃木は開幕2連敗と苦しんでいるが、榊の心身は万全だ。その左足から放たれる弾丸は、いつゴールネットを揺さぶるか。機は熟している。

文:鈴木康浩(栃木担当)


明治安田生命J2リーグ 第3節
3月11日(日)14:00KO 栃木グ
栃木SC vs レノファ山口FC
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (4.2)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集