【福岡 vs 甲府】 ウォーミングアップコラム:レベスタが松田力のゴールを待っている。

2018年3月16日(金)

キャンペーンバナー


「去年は、なかなか点が取れなかった。最後はプレーオフに回ってしまったが、自分が二桁くらい点を取っていれば普通に昇格できたと思っている。今年は得点をいっぱい入れたい」
シーズン開幕前、宮崎キャンプで松田力に声をかけると、こんな言葉が帰ってきた。昨シーズンは前線での献身的な守備でチームに貢献。湘南と並ぶリーグ最少失点を記録した要因のひとつに松田の頑張りがあったのは誰もが認めるところだ。その一方でゴール数は4。FWとして納得がいかない数字しか残せなかった悔しさは、J1昇格を逃した悔しさとともに胸に強く刻まれている。

そして迎えた2018シーズン、松田は開幕からキレのあるプレーを見せている。今シーズンは練習後に20分間のジョギング走を欠かさずに行っているが、その成果が出て体重は2キロ減。「特に変化は感じていないが、周りからはキレがあると言われている」(松田)。まだゴールは生まれていないが、ここぞというところで必ずと言っていいほど松田にシュートチャンスが回ってくるのは、FWとしてのゴールへの嗅覚が研ぎ澄まされてきたことを表すものだ。

また、チームの戦い方の変化も、松田本来の特長であるゴールに絡むプレーを生むことにつながっている。
「去年は絶対的なターゲットとしてウェリ(ウェリントン)がいたというのがあって、コマさん(駒野友一)も、そこをずっと見ていたので自分のところにクロスが来ることはなかった。それがボールをつなぎながらコンビネーションで崩す形になったことで、自分だけじゃなく、ドゥドゥ、(石津)大介と、誰のところにもチャンスが来るような形に変わっている」(同)
自分のところにチャンスが来るのはたまたまだと話すが、「シュートは打てているし、頭でも合わせることができている。いい感じになってきている」と確実にゴールに近づいている感覚はある。

そして迎える甲府戦。契約上、ドゥドゥが試合に出られない中で松田に対するゴールへの期待は否が応でも高まっている。
「攻め切れなければ、しっかりとやり直して、揺さぶりながら攻めるということ繰り返していけば、必ず守備がルーズになる時がある。そのタイミングを逃さなければ点は取れるしチャンスは作れる」(同)

勝利にこだわる姿勢。「J2優勝、J1昇格」へ向けての強い想い。そして松田のゴールへの嗅覚がひとつになった時、甲府のゴールネットが大きく揺れる。その瞬間をレベルファイブスタジアムに足を運ぶサポーターは待ち望んでいる。

文:中倉一志(福岡担当)


明治安田生命J2リーグ 第4節
3月17日(土)14:00KO レベスタ
アビスパ福岡 vs ヴァンフォーレ甲府
レベルファイブスタジアム(アビスパ福岡)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.2)
アクセス (4.3)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報