【山口 vs 金沢】 ウォーミングアップコラム:限界定めぬ渡辺広大、高みへの貪欲なチャレンジ

2018年3月20日(火)

キャンペーンバナー



ラインを上げる、あるいは下げる。クロスを跳ね返す。シュートを身体を投げ出して弾き出す-。渡辺広大(写真)といえば声と気力みなぎるプレーでチームを支えるというイメージが強い。しかし、今シーズンは横よりも縦へと意欲的にボールを送り出し、ディフェンシブな印象を一掃するほど攻撃の出発地点としても機能している。

中3日しかない3連戦のインターバル。降りしきる冷たい雨の中、渡辺はたっぷりと身体を動かした。「自分で限界を決めてしまうと負けだ。サッカー選手をやっている以上、結果は問われるが、その中で内容がどうだったかも問われてくる」。言葉に覚悟がにじみ、「世界的に見てセンターバックから繋ぐのはスタンダード」と攻守でプレーの質にこだわった。

前節は水戸に0-3で敗れたが、主導権を握れていた時間は長く、霜田正浩監督は「ボールを大事にしながらゴールに向かっていく姿勢は続けていこう」とスタイルの継続を確認。3失点したからといって、渡辺などDF陣に守備だけを求めるということはしなかった。ポジションを問わず、守備にも攻撃にも一体的に関わっていくのがチームのコンセプト。渡辺は「それ(繋ぎ)は霜さんもやってほしいという感じで、要求はどんどん高くなってきているが、やっている以上は成長したい」と言い、徐々に上がっていくハードルに貪欲に挑んでいる。

今節は金沢と対戦する。敗れた水戸とサッカーの類似点があり、ここで同じ轍を踏むわけにはいかない。渡辺は「水戸戦は我々に隙があった。相手をリスペクトしすぎたところもあり、いつも通りにはできていない部分もあった」と省み、修正を急いだ。また、金沢には一緒にプレーしてきた選手も移籍し、渡辺にとってはチャレンジする姿勢を見せる好舞台。「梅鉢(貴秀)とは山形でやっていて、ケイタ(藤村慶太)は仙台で一緒にやっていた。ぐんぐんと伸びてきた選手。やられたくはない」。そう話したほか、山口から移った加藤大樹の名前も挙げ、正面から立ち向かう。

山口は2試合ぶりの勝利が懸かる。「一選手として成長できるように、そして結果がついてくるように、いいパフォーマンスで試合をしたい」。上位快走とその先の成長へ、労は惜しまない。若手選手に負けぬ野心を燃やし、勝利の瞬間まで熱く戦ってみせる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
3月21日(水)15:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs ツエーゲン金沢

スタジアムナビ