【山口 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:向上心に満ちたハードワーカー、山下敬大。勝利へのゴール狙う

2018年3月24日(土)

キャンペーンバナー


山下敬大(写真)は前節、濡れそぼった雨のピッチにも関わらず、高木大輔の縦パスにトップスピードで走り込んで追加点となるゴールを決めた。福岡大を今月卒業したばかりのルーキーにとって、もちろんこれが明治安田Jリーグでの初ゴール。「素直に嬉しい。開幕からずっと使って貰っていたので、早く自分も結果を出さないといけないと思っていた」と安堵の表情を浮かべた。

今年のプレシーズンマッチ・広島戦(2月18日)にも出場し、小野瀬康介のクロスに飛び込んでいた。このときはオフサイドでゴールとはならなかったが、決定機を作ろうとする動きは、けがに悩まされながらも戦ってきた大学時代と変わらない。後半から出場した前節は「前線の選手なのでまずは得点。守備ではハードワークする」という意気を前面に出し、得点の場面では「来るなと予測して走り込んだ」。さらには上背を生かして攻守に貢献。霜田正浩監督も「いろいろなことを吸収している段階だが、真面目で向上心も高い。(気持ちを)表に出すタイプではないですが、秘めた闘志はすごく感じられる」と期待を寄せる。

同年代の選手が多いのも刺激になっている。DFの楠本卓海は同じ大卒ルーキー。前線ではパスを出した高木大輔、チーム最多得点中のオナイウ阿道も同世代だ。目下のライバルでもあるが、山下は「幸せな環境」と歓迎。「負けられないという気持ちもあるし、一緒に高め合っていければいいなと思う。競争をもっと高い基準でやっていければ成長できる」と力が入る。霜田監督が買う秘めたる闘志、内なる向上心は献身的なプレーやこうした言葉ににじみ出る。

今節は3連戦の3試合目。前節は山下のゴールでリードしたものの、その後の失点で勝ちきれなかった。「局面局面で負けて相手に転がって攻められる場面があった。そういったところで負けず、自分たちがもう一歩頑張ってプレーしたら失点はなかった」。山下はそう振り返り、「前線の選手がスイッチを入れて守備をする。球際やセカンドボール。一つ一つの場面で負けないように意識して戦いたい」と一段階進んだプレーを目指す。

次はゴールの先の勝利へ。「求められていることを強気でやろうと思う」。プレーの質を高め、戦う気持ちを燃やし、白星に向かってハードワークしてみせる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第6節
3月25日(日)15:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 松本山雅FC

スタジアムナビ