【北九州 vs 沼津】 ウォーミングアップコラム:左足一閃、J初ゴール。キックが武器の浦田樹、目指すは「絶対連勝」

2018年3月24日(土)

キャンペーンバナー


前節・藤枝戦の終盤。浦田樹(写真)は鮮やかに直接FKをしずめ、プロ初ゴールをあげた。「あのときはJ初ゴールだとは考えてなくて、入ったことが嬉しかった」。1-1のじりじりとした試合展開の中、81分に放った勝負を決めるゴール。北九州に今季初勝利を呼び込み、「アシストで10点」と話す謙虚な若人がヒーローに躍り出た。

今季初先発の試合でもあった。年代別代表に選出されたり、コンディション面での出遅れからトレーニングへの合流が遅れていた。しかし、推進力やキック精度のある浦田の出番は3節にして回ってきた。「森下監督の求められることは細かい。考えながらやらないとうまくいかないので、やっていて楽しい」と短時間でインプットしてきた森下スタイルを再現する。もちろんまだ今年の戦いが始まったばかりで、チームとしての成熟は道半ば。早い時間に安藤由翔のゴールで先制したものの、藤枝に1点を返されて1-1の難しい状況が続く。

「(北九州にとっての)開幕戦で勝てていなかったので、絶対に勝たないといけない状況だった」。後半に入るとプレーに気持ちが一層乗り移った。試合終盤、北九州はペナルティエリアの手前でFKを獲得。森下仁之監督をして「素晴らしいキック。あのゴールに関しては素晴らしかった」とうならせた左足からの弾道が、ゴール右端へと巻くようにして落ちた。

キックだけではなく、前へ上がっていく姿勢も良さだ。浦田は「前への意識がなくなると、相手のプレッシャーを受けてセカンドボールも拾えなくなる」と説き、機を見てオーバーラップ。「自分からのクロスの本数が多いということは、全体的に押し上がっているという状況だ。それが続けば続くほどいいが、結果につながるかどうかはまた別。アシストやゴールという結果にはこだわりたい」と話して、前に行くだけでなく、そこでのプレー選択でも判断の精度を上げる。

今節は沼津を迎えてのホーム戦。沼津は連戦中日の試合が中止となり、北九州にとってはコンディション面でのビハインドがある。それでも浦田は結果へのプレーに足を止めるつもりはない。「ここで勝てたのはチームとしても大きい。連勝が絶対に必要。沼津戦でも勝ち続けたい」。得点を呼ぶ左足を振り、サポーターの待つミクスタで初勝利をつかみ取る。

文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J3リーグ 第4節
3月25日(日)14:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs アスルクラロ沼津
ミクニワールドスタジアム北九州(ギラヴァンツ北九州)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (4.9)
アクセス (5.0)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (3.8)

移籍情報