【C大23 vs 相模原】 ウォーミングアップコラム:C大阪U-23に今季初勝利をもたらした“ボランチ”中島元彦。若き桜の中心に

2018年3月24日(土)

キャンペーンバナー


今季のJ3開幕を前に、選手たちは異口同音に、昨季から今季にかけてのチームとしての“継続性”を強調し、「今季は序盤から結果を出していきたい」(西本雅崇)と抱負を述べていた。それだけに、前節の第3節・富山戦で勝利し、今季の2試合目(第2節は試合なし)で初勝利を挙げたことは、チームにとって大きい。

そして、この富山戦で決勝点を決めたのが、本来は攻撃的なポジションでありながら、この試合ではボランチとして先発していたルーキーの中島元彦(写真)だ。斧澤隼輝、西本との鮮やかな連係で右サイドを崩した沖野将基のクロスに2列目から飛び込み、ダイレクトでシュートを決めた。

チーム事情もあり、宮崎キャンプから試されてきたボランチは「中学以来」とのことだが、「結構、気に入っています(笑)」と本人の表情は明るい。その理由は、「組み立てもできるし、前に関わったら攻撃に出ることもできる。守備の基準にもなる大事なポジション。幅を広げるという意味ではいいかなと思う」というもの。自身に与えられた新たなポジションに前向きに取り組んでいる。

また、昨季のC大阪U-23でボランチとしてプレーすることも多かった一学年下の喜田陽が、現在はU-19日本代表のインドネシア遠征に帯同中。「自分も今まで入っていた代表だし、一緒にやっていたメンバーも選ばれている中で選ばれなかったことは悔しい。でも、ここから評価を上げていけば、また戻れると思う。陽(の存在)は刺激になるし、帰ってきたら、また競争が激しくなる」とライバル心もメラメラと燃やしている。

育成の側面もあるU-23としては、こういった選手同士の切磋琢磨も醍醐味の一つ。今節の相手である相模原は今季から経験豊富な選手が数多く加入し、“大人のチーム”といった趣もあるが、そういった相手に対し、若き桜のイレブンがどこまで自分たちの良さを発揮して、臆することなく戦えるか。そのチームの中心としてプレーする中島の姿に、ぜひ注目して欲しい。

文:小田尚史(C大23担当)


明治安田生命J3リーグ 第4節
3月25日(日)14:00KO 金鳥スタ
セレッソ大阪U−23 vs SC相模原