【京都 vs 讃岐】 ウォーミングアップコラム:チャンスをつかめ、沼大希!

2018年3月30日(金)

キャンペーンバナー


 Jリーグ初出場で初得点、しかも敵地でチームを勝利に導く決勝点という衝撃のデビューから2年。沼大希(写真)はたくましさを増して2018シーズンに挑んでいる。

昨年は明治安田J3のガイナーレ鳥取へ期限付き移籍し、京都U-18時代に師事した森岡隆三監督の下で30試合4得点。前線から中盤、ときにはサイドバックまで複数のポジションを経験した。様々な役割をこなせる沼の器用さもあるが、チーム事情もあっての起用法だった。その中で「スピード感を実感したし、公式戦に出続ける難しさもあった」と貴重な経験を積んだ。

今季は若返りを図る京都に復帰した。練習試合ではFWではなく、始動当初はサイドバック、その後は中盤での出場が目立つ。J2リーグではセンターハーフの位置で起用されており、前節・千葉戦は今季初スタメンを飾ったが、アピールしきれずに54分でピッチから退いた。讃岐戦の先発メンバーに入れるかどうかはチームメイトとの競争もあるが、ピッチに立つチャンスがあれば「攻撃でレンゾ(ロペス)とコミュニケーションを取って、彼の良さを生かしたい。それに形にこだわらず泥臭くやることも必要。そこは貪欲にいきたい」とゴールに関わるイメージを描く。同時に、中盤としては攻撃を組み立てる役割も求められるだけに「頭の回転を早くして(ボールを受ける前に)いい準備をしたい」という言葉も実践したいところだ。

自分が試合に出て、チームが勝つ。讃岐戦を控えた取材の中で、プロとしてあるべき姿を二度三度と繰り返していた。さらに「僕、去年の夏からスタメンで出た試合で勝ってないんですよね」と自嘲気味に話す。布部陽功監督は前節の沼のパフォーマンスに満足していないが、讃岐戦に向けて「取りかえしてこい」と伝えたという。そうした期待を受けて、自らのプレーで勝利への道を切り開けるか。来月に21歳の誕生日を迎える青年は、愚直に結果を追い求める。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第7節
3月31日(土)15:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs カマタマーレ讃岐
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (2.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報