【磐田 vs 浦和】 ウォーミングアップコラム:J1通算100試合出場目前!山田大記の心境とは?

2018年3月31日(土)


前節公式戦5連勝と好調サンフレッチェ広島と対戦したジュビロ磐田。結果は、どちらのチームも堅守を貫きスコアレスドローで決着。磐田は、アウェイの地広島で連勝をストップさせることに成功した。今節はエコパスタジアムにここまで未勝利と調子の上がらない浦和を迎えて激突する。

この浦和戦が山田大記(写真)にとって1つのメモリアルゲームになるかもしれない。浦和戦を前に、J1通算100試合という記録達成が目前。2014年〜2017年までの3年間ドイツ・カールスルーエでプレーし、磐田在籍期間のうち1シーズン(2014年)をJ2でプレーしているため、J1通算100試合出場に時間はかかったが、着実に実績を積み上げてきた。この記録について「自分のタイプ的にも数字よりもサポーターの人の記憶に残るプレーがしたい」と話したように、100試合出場という数字にこだわりを見せなかったが、「100試合ということで思い入れのある試合になると思うので、できることなら得点を取って、チームとして勝てるようにしたい」と意気込みを語ってくれた。また山田自身も思い入れのある磐田について「このクラブにここで場所を与えてもらって、育ててもらっていると感じている。そういう意味では(今後も)このクラブで積み重ねていきたいし、これからそういうものを返していけたらと思っている」と語った。山田が磐田というクラブを愛し、これまで活躍してきた功績に疑いの余地はない。今までと同様に、今後も磐田と共に着実に成長を遂げていくことだろう。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第5節
4月1日(日)15:00KO エコパ
ジュビロ磐田 vs 浦和レッズ
エコパスタジアム(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.4)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報