【盛岡 vs 群馬】 ウォーミングアップコラム:「ネガティブな空気は全くない」田中舜が語る確かな手応えと課題

2018年3月31日(土)


盛岡はここまでの4試合を終えて1勝3敗と結果が出ていない。それでもチームは前を向いてポジティブな雰囲気でトレーニングを重ねている。
「チームにネガティブな空気は全くないですね。ここまで負けた3試合を振り返っても、自分たちがやりたいプレーを表現できた時間帯もあった。どこが相手でも戦えるという意識もある。もちろん課題は多いけど、悲観的にとらえる必要はないと思います」

3シーズンぶりに盛岡に復帰し、チームでは最年長となる田中舜(写真)が現在のチーム状況を語る。田中は清水東高から立教大に進み、J3開幕を盛岡で迎えた。ちなみに立教大出身のJリーガーは現在2人。1人目が田中、2人目が菅本岳で、両者ともに盛岡に所属している。

今季は4試合すべてで左サイドバックとしてスタメン出場。粘り強さや運動量は健在で、あふれるガッツをプレーで表現している。どちらかと言えば守備に特徴を持つタイプだが、今季は正確なクロスでチャンスも演出。開幕戦では梅内和磨の先制点の起点となるなど、同サイドで縦関係を構築する白石智之とも阿吽の呼吸をみせる。

スタートダッシュには失敗したものの、ここから着実に勝点を挙げ、上位に迫るために必要になるのは細かなズレの修正だという。
「例えば守備ではラインをそろえる、前後との距離感、スライドの速さ。細かな部分ですが、それがあっていなくて、前所属の沼津なども含めてこれまでのチームではあってはならないようなミスが出てしまっている。そこは早急に改善したいです。攻撃でも自分たちのミスから流れを悪くしてしまうプレーが多い。ミスを減らすことと、ミスの後にグループとしてどう動くかが大事になると思います」

これらの課題は、選手間の意識を共有することで解決できる余地は大きい。戦術の理解とコミュニケーションを高め、チーム初となる開幕ホーム2連勝を達成できるか。群馬戦ではチームのベースでもある「球際、運動量、切り替え」をグループとして効果的に機能するかにも注目したい。

文:高橋拓磨<cross Line>(盛岡担当)


明治安田生命J3リーグ 第5節
4月1日(日)13:00KO いわスタ
グルージャ盛岡 vs ザスパクサツ群馬
いわぎんスタジアム(いわてグルージャ盛岡)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.5)
イベント充実 (3.3)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (2.8)

スタジアムナビ

移籍情報