【山口 vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:山口スタイルを築くマイスター、前貴之。攻撃的フットボールにさらなる輝き

2018年4月6日(金)


前節の山形戦で試合を決するゴールをアシストしたのが前貴之(写真)だ。左足での縦パスで高木大輔を飛び出させ、あっという間にGKと1対1の場面を作った。キックの強弱や方向、それに間合い。全てがぴたりと決まった一連のプレーに、「(高木の)スピードを殺さずにそのまま行けるようにというイメージだった。うまくいった。完璧な形だったと思うし、監督もそう言ってくれていた」と振り返った。

今年も右サイドバックでプレーする。ゴールシーンは右から左への横断だったが、結成2年目を迎えた右サイドの大三角形、すなわち一列前の小野瀬康介、アンカーの三幸秀稔、それに前で構成するトライアングルは強力。小野瀬の迫力あるプレーや三幸の巧みなパスを生み出せるよう、前はポジショニングを最適化させて彼らからストレスを引き抜いている。「コースケは一人でも行けるので、あまり自分が行かないほうがスペースを生かせることもある。スピードが落ちるようならオーバーラップする。考えながらいいバランスでできている」。味方を生かせるように動く。サッカーIQの高さがうかがえるプレーや判断は、スタジアムで実際に見て感じ取りたいものだ。

山口らしい超攻撃的なサッカーの構築は、現状では右サイドに偏る。しかし、前のアシストや2節前の松本戦で見せた同点ゴールなどは、左サイドにも好影響を与えている。左ウイングの高木は「タカくんは両足で蹴られるし、クロスへの入り甲斐がある。でもまだ左から右への展開はあまりないので、僕とセグくん(瀬川和樹)のところからタカくんやコースケくんにいいボールを渡したい」と握りこぶし。右サイドで示された山口スタイルが新加入選手が多い左サイドにも波及し、一歩一歩着実に全体の大きな意志になってきている。

ゴールに絡んだだけでなく、前節は無失点でゲームを閉じた。ただ、前は守備面での連係はまだ深められると考え、「あまりラインは下げたくはないので、一発でのインターセプトを狙うとか、チャレンジ・アンド・カバーを攻めているときから集中していきたい」と流れを読んだプレーを心がける。今節は長身FWを抱える大宮を迎え撃つ。簡単な試合にはならないだけに、「回していて引っかけられるのは一番やってはいけない。やりきる攻撃をしていかないといけない」と力が入る。

山口でまだ2年目だが、もっと昔からプレーしていたかのように息づいたスタイルに溶け込んでいる前貴之。今節も見えないところでもしっかりと動き、見えているところでも輝いて、勝点の三つ星を光らせてみせる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第8節
4月7日(土)15:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 大宮アルディージャ

スタジアムナビ