【カシマで見よう!】その先へ~安西幸輝(鹿島アントラーズ)~

2018年2月26日(月)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!

----------



鹿島には独特のスタイルがある。言葉で伝えられるものではないため、移籍してきた選手はそれを肌で感じ取り、自分の力で消化しなければならない。チームはどんな選手にも居場所をつくってくれるおおらかさがある反面、これまで多くの選手がその見えない壁に苦労してきた。移籍してきてすぐに力を発揮する選手は決して多くない。

しかし、安西幸輝はのびのびと自分の力を発揮している。ボールを持てば憶することなく仕掛けていき、精度の高いクロスをFWに供給する。試合終盤まで高い質を保ち続ける姿は、昨季まで東京Vで見せていた姿と何ら変わるところがない。ボールを持てば、次はなにをするのかワクワクさせてくれる。
その技術の高さは内田篤人も賞賛する。
「SBの技術じゃないような一個前のポジションもできるな、と思わせるボールタッチもするし、走れる。右サイドもできるからね。良い選手が来たな、と思います」。

いまではサイドのポジションならFWからSBまでどこでもできる技術と戦術眼を身につけた安西にとって、内田はかつて憧れた自分の原点とも言える選手。カシマスタジアムでの試合も小さな時から見ていたらしく、鹿島の今季最初の公式戦だったACL上海申花戦で先発すると「入場するときも高揚感が湧いて、良い気分で試合に臨めました」と話した。

とはいえ、ルーツは東京Vにあることを安西は忘れていない。急速に鹿島に馴染み、ポジションを確立できたのも昨季の経験があるからだった。
「ロティーナ監督には感謝しています。僕自身のサッカーへの考え方とか試合に向かうメンタルの部分とか、選手としての幅が大きくなった。そこは自信を持って言えるかと思います」。
すでに鹿島には欠かせない選手となりつつある。このクラブで試合に出続ければ、いずれは…。まだ今年で23歳。どこまでたどり着くかたのしみな選手である。

文:田中滋(鹿島担当)
----------

人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、鹿島アントラーズのホームスタジアム「県立カシマサッカースタジアム」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)

★鹿島アントラーズホーム開幕戦★
明治安田生命J1リーグ 第2節
3月3日(土)16:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪

スタジアムナビ