【ノエスタで見よう!】新スプリント・キング~三田啓貴(ヴィッセル神戸)~

2018年2月27日(火)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!
----------



ニックネームは「タマ」。中学時代のコーチから、ストレッチしている姿が当時人気を集めた多摩川のアザラシ“タマちゃん”に似ていたので付けられたらしい。27歳の男子に言うのはどうかと思うが、「タマ」エピソードからもわかるように三田啓貴はどちらかといえば癒し系である。

だが、ピッチでは真逆。癒し系どころか、闘志を全面に出し、ガンガン攻めまくるプレーでチームを引っ張るタイプだ。

ヴィッセル神戸でのデビュー戦となった鳥栖との開幕戦。三田は本職のボランチではなく右サイドハーフで出場した。

「確か3日前くらいまではボランチをやっていたと思うんすけど、監督から“サイドで行くから”って言われて(笑)。FC東京でのプロ1年目ではやっていたんですけど、それ以来ぶりのサイドハーフだと思いますね」

とはいえ、鳥栖戦では「(藤谷)壮を生かすように」指示を受け、右サイドで攻撃の起点を作った…かと思えばシャドーストライカーのように中央へも鋭く仕掛け、相手DF裏のスペースやセカンドボールを積極的に狙った。

しかも、守備では最終ライン近くまで戻るシーンもしばしば。終わってみれば、チームNo.1のスプリント24回を記録していた。

「(神戸加入後初の公式戦だが)さすがに、もう緊張とかはなかったですよ(笑)。次の清水エスパルス戦ではどういう形になるかわかりませんけど、出たら勝てるように頑張りたいですね。(清水の印象は?)クリスランとかもフィットしているみたいですし、去年とは全く違うチームだなと。去年のイメージは捨てた方がいいと思うし、手強い相手だと思う。でも、個人的にはそういうチームとやるの楽しみですね」

J1通算200勝がかかるホーム開幕戦。神戸の新しいスプリントキングが勝利へと導く。

文:白井邦彦(神戸担当)
----------

人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、ヴィッセル神戸のホームスタジアム「ノエビアスタジアム神戸」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
ノエビアスタジアム神戸(ヴィッセル神戸)

★ヴィッセル神戸ホーム開幕戦★
明治安田生命J1リーグ 第2節
3月3日(土)16:00KO ノエスタ
ヴィッセル神戸 vs 清水エスパルス

スタジアムナビ