【清水 vs 磐田】 ウォーミングアップコラム:ユース出身ルーキー、伊藤研太、滝裕太。カップ戦で先輩たちの勢いを引き継げるか

2018年3月6日(火)


今季はヤン ヨンソン新監督の下で始動し、準備期間も短かったため、少し不安のある中で明治安田J1開幕戦を迎えた清水エスパルス。だがフタを開けてみると、鹿島とは非常に手応えのある試合内容でスコアレスドロー、そして第2節・神戸戦では攻撃陣が4得点と爆発して4-2で今季初勝利と、好スタートを切っている。中でも清水サポーターにとって嬉しいのは、石毛秀樹、北川航也、立田悠悟といったユース出身組が勢いのあるプレーを見せて大活躍していることだ。
清水の所属選手の中でユース出身者は現時点で7人(高木和徹は3/5に千葉へ期限付き移籍)。そのうち水谷拓磨は負傷中、平墳迅はケガから復帰したばかりなので、今回のルヴァンカップ初戦で初出場のチャンスがありそうなのが、伊藤研太(写真左)と滝裕太(写真右)の高卒ルーキー2人だ。

とくに左サイドバックの伊藤は、ここまで紅白戦や練習試合でもBチームで先発することが多く、右足に少し打撲のある松原后に代わって先発出場する可能性も十分にある。
「(先発すれば)緊張すると思いますけど、プロになって初めての公式戦ですし、静岡ダービーということもあって、すごく楽しみです。まだ守備では課題が多いですが、対面の選手には絶対に負けたくないですし、自分は攻撃的な選手だと思っているので、オーバーラップやドリブルで攻撃参加してクロスやアシストを決めたいです」と伊藤自身も意欲十分。
昨年は2種登録でしばしばトップチームに合流し、ルヴァンカップではベンチに入ったが出場はならず。今度こそプロとしてアイスタのピッチに立つために、指導者や先輩たちの言葉を素直に吸収しながら少しずつ周囲の信頼をつかんできた。
1つ上の先輩である立田の活躍も大きな刺激になっている。
「悠悟くん(立田)が1年目のときに苦労していることは知っていましたが、自分も大変な中で僕らによくアドバイスをくれたんですよ。だから悠悟くんが(神戸戦で)ゴールを決めたときは本当にうれしかったですし、試合が終わって泣いていたのを見て僕も感動しました。もらい泣き? それはないですが(笑)、自分もあのぐらい気持ちを見せて必死にやっていかなきゃいけないなと思いました」(伊藤)

滝裕太のほうも、中盤から前のポジションならどこでもできるため、交代出場も含めればプロ初出場を飾る可能性は高い(昨年は2種登録でルヴァンカップ2試合に出場)。神戸戦では初めてベンチに入り、後半アディショナルタイムには交代出場するためにピッチサイドに立ったが、出番がないままタイムアップ。他のルーキーたちに先がけたリーグ戦デビューが叶わなかった分、この試合に意欲を燃やしている。
ヨンソン監督も「滝は技術があってサッカーの理解度も高く、楽しみな選手だと思います。視野も広く、攻守ともに早い状況判断でプレーできるし、重心も低く、サッカーに必要な体力も持っています」と高く評価している。

伊藤も滝も、今はユース組に勢いがあることを実感しており、「自分たちも」という思いが強い。彼らが物怖じすることなく自分たちの力を存分に発揮すれば、エスパルスユースのレベルの高さをルヴァンカップでも証明してくれるはずだ。

文:前島芳雄(清水担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第1節
3月7日(水)19:00KO アイスタ
清水エスパルス vs ジュビロ磐田
IAIスタジアム日本平(清水エスパルス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.9)

移籍情報