【G大阪 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:直近の公式戦で4ゴールと大爆発したFW長沢駿。リーグ戦でもその再現なるか

2018年4月7日(土)


左足、頭、頭、左足。
長沢駿(写真)が直近のYBCルヴァンカップ・名古屋グランパス戦で決めた4つのゴールだ。しかも奪ったのは全て前半でのこと。この4ゴールで大きくリードを奪ったガンバ大阪は4-1と快勝し、ルヴァンカップ2連勝を挙げた。
「試合前にも(初瀬)亮にはどんどんクロスをあげてくれと言っていたし、逆サイドの(オ)ジェソクも今シーズンは意図的にクロスを上げる回数を増やしているし、なおかつその質もすごくいいので、こちら側があわせていかなければいけないと思っていた。4得点取れたことや『自分の形』で取れたことは自信になる。ただ、これをリーグ戦に繋げなければ意味がないので。神戸戦でもしっかり結果を出せるように、それがチームの勝利につながるように戦っていきたい」

ここまで公式戦8試合を戦って、リーグ戦で1ゴール、カップ戦で6ゴールを挙げている。チームではダントツでトップを走るゴール数だ。彼の言葉にもあるようにクロスに合わせた『ヘッド』はある意味、得意な『自分の形』での得点だが、それ以外のシーンでも今年は昨年以上にこまめにポジショニングを変えながら、点を取るチャレンジを続けている。それもまた結果的に『自分の形』を作りやすくしている印象だ。長沢は言う。
「もちろんボックスの中で勝負したいというのは第一に考えることで、クロスにあわせることも1つですが、今年はサイドにボールが出た時に、自分のところで起点になり、相手を背負ってそこからターンしてシュートとか、もう一度起点を作り直して、形を作るとかっていうことにはキャンプでツネさん(宮本恒靖コーチ)や智さん(山口智コーチ)にアドバイスをもらって取り組んでいることの1つです。もちろんその回数はまだまだ少ないので増やしたいし、そのプレーをもっと仲間に見てもらってパスが出てくるようになれば、よりチームとしての攻撃の選択肢も増えるんじゃないかと思っています」

加えて、それらのチャレンジをリーグ戦での勝利につなげることが彼が何よりも欲していることの1つ。だからこそ、ここまでのリーグ戦1分4敗と苦しむチームを救うために、昨年の7月から遠ざかるホームでの勝利を挙げるために「今節も狙う」と長沢は語気を強める。
「今はとにかくリーグで、ホームで勝ちたい。そのために、4点取れたことを自信にして今節も狙っていきたい」
その想いは開幕戦以来遠ざかっているリーグ戦でのゴールにつながるのか。ひいては、待望の今季リーグ戦初勝利は生まれるのか。ガンバファンの誰もがその時を待っている。

文:高村美砂(G大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第6節
4月8日(日)15:00KO 吹田S
ガンバ大阪 vs ヴィッセル神戸
パナソニック スタジアム 吹田(ガンバ大阪)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報