【松本 vs 讃岐】 ウォーミングアップコラム:好調の高崎寛之、“同窓対決”を制し、試合も制する

2018年4月7日(土)


春の足音が聴こえる松本で、高崎寛之(写真)がめきめきと調子を上げている。前々節・山口戦ではアクシデントによる前半途中からの出場ながら試合の流れにスムーズに乗り、投入直後に今季初得点。前節・大宮戦でも最前線で体を張り、駒沢大で同期の菊地光将と熱のこもったマッチアップを繰り広げた。あまりの激しさにピッチに倒れ込む場面もあって心配されたが、試合後には「勝負事なので、それも仕方ないこと。同級生なので(マッチアップは)楽しかったですし、またNACK5スタジアム大宮で逢えるのを楽しみにしたい」と笑顔で“ノーサイド”を強調した。

チーム練習が終わった後、反町康治監督の見守る中で行われるアタッカー陣中心のシュート練習にも積極的に参加している。ワンツーで飛び出してシュート、斜めに走り込みながらシュート、相手DFを切り返してシュート――。シチュエーションこそ日によって様々だが、右足でも左足でも正確かつ強烈なシュートを枠内へと叩き込む姿が印象に強い。ゴール前での巧さと力強さは、やはりチームでも指折り。状態も上がってきている今、昨季のような得点量産も多いに期待される。

反転攻勢に打って出たい松本にとって、今節・讃岐戦は重要な意味を持つ。その一戦を前に、「昨季のアウェイゲーム(J2第40節)では1-1の引き分けに終わっており、力の差はない相手だと思っている。個人的にもここまで1ゴールしか取れていないので、2連勝に貢献できるように頑張りたい」と闘志を燃やす。また讃岐の得点源である原一樹は大学の1年先輩にあたり、「パンチ力とキープ力が高く、前線で起点となれる選手。やはり、そこは潰さなければいけない」と評した。2戦続けての“同窓対決”も、試合のカギを握ることだろう。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J2リーグ 第8節
4月8日(日)14:00KO 松本
松本山雅FC vs カマタマーレ讃岐
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集