【甲府 vs 清水】 ウォーミングアップコラム:「甲府アカデミーOBのホリ君(堀米勇輝)だけじゃないということを示したい」

2018年3月13日(火)

キャンペーンバナー



前節のルヴァンカップ札幌戦(3○0)で躍動した太田修介(写真)は甲府アカデミー育ちで、日体大を経て今季加入。見た目の線は細いけれど、芯は強くキレキレの切れを持ち、倒れてもすぐに立ち上がって戦える選手。33分の森晃太の先制点の起点は太田が180°ターンしてジュニオール バホスに出したパスだったし、34分のバホスのゴールは窪田良が起点で、太田がアシスト。このスリートップの躍動感はリーグ戦で勝てていないだけにチームにもファン・サポーターに気分のいい刺激になった。

「ルヴァンカップの雰囲気の中で試合ができることは嬉しいけれど、自分の立ち位置では満足はしてないです。リーグ戦は第2節からメンバーに入れていないですから。悔しい気持ちです。今節は勝点3とゴールを取らないといけない。1試合だけなら運で上手くいくこともある。次の清水戦の内容が悪ければ『偶然だった』と言われる。この前よりもいいプレーを見せたい」

加入時の期待、先入観以上に有言実行の男。今節先発か途中出場か分からないが、スピードと前への意識の高さを見せてくれることは間違いない。リーグ戦で勝てていないだけにルヴァンカップで勝ってプレーオフステージに一歩前進して、その自信や活力を週末の明治安田J2第4節福岡戦に繋げたい。今節の内容・結果次第では太田のリーグ戦起用の可能性も高まるはず。

友人・知人などからは「凄いね」と言われるそうだが、自身ではそうだとは思っていないし、満足はしていない。

「まだゴールを決められていない。少し試合に出たことやアシストでは満足はできない。このままゴールがないとズルズルいく可能性がある。次にチャンスがあると思ったらダメだと思う。今節決めたい。『こんなもんじゃないぞ』ということを伝えたい」

チームに希望と活力をもたらせるために戦う太田が出場見込みのルヴァンカップ第2節、是非山梨中銀スタジアムで共に戦ってほしい。

文:松尾潤(甲府担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第2節
3月14日(水)19:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs 清水エスパルス
山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.2)

移籍情報