【NDスタで見よう!】家族思いの真面目な点取り屋~フェリペ アウベス(モンテディオ山形)~

2018年3月14日(水)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!

----------


昨シーズン明治安田J2に全試合出場でチームトップの13得点を挙げた阪野豊史と、昨シーズン後半に長期離脱したものの高い決定力を持つ中山仁斗。山形には、加入2年目のセンターフォワードが二人いる。しかし、開幕からの3試合に先発でピッチに立ったのはフェリペ アウベス。昨シーズンの総得点45に終わったチームに加わった、ブラジル生まれのストライカーだ。

「得点感覚、ゴールに向かうスキル、一瞬のスピードがある」とその特長を評価するのは木山隆之監督。ここまでのゴールは第2節・大分戦にPKで挙げた1点のみ。ゴール前で決定力の高さを披露するシーンはまだ少ないが、スペースを突いてボールを引き出し起点を作る動きや、狭い隙間に入り込んでくさびのパスを引き出すなど、ビルドアップにも大きな役割を果たしている。簡単にボールを失わないポストプレーには本人も自信を持ち、敵陣で相手のファウルを誘う巧みさも持ちあわせている。第2節・大分戦の2点目、中村駿の鮮やかなフリーキックもフェリペ アウベスのポストプレーで得たものだった。

初めて母国を離れ、異国のリーグでの挑戦。加入後、慣れない環境で1から習得した守備がある程度カタチにならなければ、先発で起用されることもなかっただろう。

「彼、本当に真面目だし、言われたことに本当に耳を傾ける。あんなブラジル人はあまり見たことないよ」(木山監督)

真面目さは山形伝統のカラーでもある。この先、チームによりフィットしていくための大きな武器になる。

本格的にサッカーを始めたのは14歳と遅め。「もともと裕福な家庭に生まれたわけではないので、家族を助けるために」というのがその動機なのだそう。先週、長いキャンプから山形に戻り、奥さんと娘さんも間もなく合流する。気温が暖かくなるこれからが、本領発揮の時期だ。

文:佐藤円(山形担当)
----------

人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、モンテディオ山形のホームスタジアム「NDソフトスタジアム山形」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)

★モンテディオ山形ホーム開幕戦★
明治安田生命J2リーグ 第4節
3月17日(土)14:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア

スタジアムナビ