【ミクスタで見よう!】九州に戻ってきた優勝ナビゲーター~有薗真吾(ギラヴァンツ北九州)~

2018年3月15日(木)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!
----------


昨季は秋田でプレーし、明治安田J3制覇を経験した有薗真吾。プロ入り以降では初めて出身地・九州のチームに移籍し、今年は北九州を昇格圏内へと押し上げる。

「ヘディングをする選手のカバーをしたり、対人プレーだったり、そういうところが自分の特長だと思う」。身長178センチはセンターバックとしては大きいわけではないが、町田時代を除けばこのポジションでプレーを続けてきた。言葉の通りに対人の強さは折り紙付き。危険察知力も高く、声で中盤を動かしたり、タイミング良くパスを切ったりと頼もしく引っ張る。迎える開幕戦も、「失点しなければ負けることはない。全員がディフェンスする意識を持ち、慌てずに対応することが大事」と展望し、チーム全体を動かして失点ゼロに導く。

優勝請負人と表現するのはプレッシャーを与えてしまうかもしれないが、北九州にとっては有薗の優勝経験は貴重だ。カテゴリーを問わず北九州が上位で戦っていたのはずいぶんと前の話になった。プレーオフ圏内に入った14年と比べれば多くの選手が入れ替わり、上位で戦った経験を持つ選手は数えるばかり。有薗は「目の前の一試合一試合をしっかり戦っていく。2試合先、3試合先を考えるのではなく、目の前の一試合にしっかり集中する。それがいい結果に繋がる」と強調し、こう続けた。「チームとしてまとまっていれば、昇格に関わっていけるということを秋田で学ばせてもらった。北九州でもそれをどんどん伝えていきたい」。

今年の目標は「全試合フル出場」と話す。ただ背番号6を付けた昨季はセットプレーから5ゴールをマーク。有薗は「守備は失点ゼロが当たり前だが、攻撃の面で初めて目標ができた。今年も6点は目指したい」と力を込める。1週間遅れの開幕戦は、声援のこだまするミクスタが戦いの場。「(ミクスタの雰囲気は)J2でもなかなかない。こういう環境で試合ができるのはすごく楽しみだし、わくわくしている自分がいる」。昇格を目指すチームの頼もしいセンターバック。フィールドプレーヤーのトップナンバーたる背番号2を引き継いだ有薗真吾から目は離せない。

文:上田真之介(北九州担当)
----------

人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、ギラヴァンツ北九州のホームスタジアム「クニワールドスタジアム北九州」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
ミクニワールドスタジアム北九州(ギラヴァンツ北九州)

★ギラヴァンツ北九州ホーム開幕戦★
明治安田生命J3リーグ 第2節
3月17日(土)14:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs FC琉球

スタジアムナビ