【いわスタで見よう】チームのために戦えるドリブラー~白石智之(グルージャ盛岡)~

2018年3月19日(月)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!
----------


生粋のサイドアタッカー・白石智之が持つ最大の武器は、巧みでスピードあるドリブルにある。開幕カードとなったG大23戦では早速スタメンフル出場すると多くのチャンスに絡み、存在感を発揮。すでにこのポジションではファーストチョイスと言えるだろう。

ドリブラーにありがちな独善的なプレーがないのも特徴。強いチームスピリットをベースに、武器であるドリブルを必要な時に使える判断力を持つ。また、守備面での貢献度も高い。開幕戦では縦関係を形成した田中舜も「苦しい時には必ず戻ってくるし、それを90分やり通せる選手がいることは大きなプラス」とたのもしさを口にする。

今季はチームの副キャプテンを担う。キャリアを通じて初の経験という白石。不安もゼロではないというが、自分が成長できるチャンスともとらえている。理想のキャプテン像には前所属チームのキャプテンを挙げた。「完全に沼津の尾崎(瑛一郎)さんです。プレーでも声でも引っ張る正真正銘のキャプテン。何度も怒られながらプロとしての在り方を教えてもらいました。今考えると本当に適当だった自分を変えてくれた恩人です。僕のことは好きじゃないかもしれないけど、心から感謝しています」。続けて「盛岡は若い選手も多いので、自分が伝えられる部分は伝えたいし、逆にどんどん要求してもらったり、時にはいじったりしてもらえるような存在になりたいです」と意欲的に話した。

沼津から移籍した河津良一と田中舜という2人の兄貴分は口をそろえて「慣れてくると、所構わず冷や冷やさせられる発言をするんですよ。あれは要注意(笑)」と冗談めかした警鐘を鳴らすが、プレーだけでなく、そういった天真爛漫さ(?)も含めてこれまで盛岡になかったカラーかもしれない。チームリーダーとしての自覚も強まっている白石。今季はピッチ内外で、中核としての役割が求められる。

文:高橋拓磨<cross Line>(盛岡担当)
----------

人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、グルージャ盛岡のホームスタジアム「いわぎんスタジアム」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
いわぎんスタジアム(グルージャ盛岡)

★グルージャ盛岡ホーム開幕戦★
明治安田生命J3リーグ 第3節
3月21日(水)13:00KO いわスタ
グルージャ盛岡 vs Y.S.C.C.横浜

スタジアムナビ