【秋田陸・A‐スタで見よう】「堅守多攻」を体現する攻撃型CBの誕生~中村亮太(ブラウブリッツ秋田)~

2018年3月23日(金)

キャンペーンバナー

2018シーズン開幕!スタジアムにこの新戦力を観に行こう!

各担当ライターが、期待の新戦力を紹介するJ's GOALの新企画。
選手のプレー面はもちろん、人間性にぐっと迫るような記事をお届けしています。
この記事を読んで、ぜひスタジアムに足を運んでください!
----------


中村亮太(写真)のプレーを、ぜひスタジアムで観てほしい。杉山弘一監督が掲げる「堅守多攻」、つまり堅い守りとバリエーション豊富な攻撃でゴールを狙う秋田のサッカーにおいて、中村のプレーが新たなプラス要素となっているからだ。

中村は昨季、最終節まで秋田と優勝争いを繰り広げた沼津の主力選手だった。主に[4-4-2]の右サイドハーフのポジションで7ゴール7アシストを記録するなど、沼津の強みであった右サイドの攻撃を担っていた。本人が「前への推進力が持ち味」と話すように、プレーぶりからまず優れた身体能力とスピードに目を引かれる。178cmと上背はないが、跳躍力がありヘディングでの競り合いにも強い。加えて、人懐こい笑顔が象徴するパーソナリティも彼の魅力だ。

今オフ、そんな中村の新加入が決まり、秋田の[3-4-2-1]でどのポジションを務めるのか期待が集まっていた開幕戦。スターティングメンバーを見て、驚いた人も多かっただろう。MFの中村が、3バックの右CBの位置でプレーしていたからだ。

「開幕前のキャンプで、CBでプレーするよう指示がありました。高校時代にやっていたポジションなので問題はありません。ただ3バックは初めてだったので、周囲とコミュニケーションを取りながら学び、練習を重ねてきました」と中村は振り返る。

こうしてC大阪U-23との開幕戦は、秋田の攻撃型CBが誕生した試合になった。中村は持ち前のパワーや一瞬のスピード、高さを活かして安定感のある守備を見せただけなく、積極的に攻撃参加も行った。前線に正確なロングパスを供給し、セットプレーでゴールを狙い、右サイドの深い位置からクロスを上げ、タイミングを見計らって敵陣まで攻め上がり強力なミドルシュートを放った。ある場面では、中継映像の画面の外側から、中村が画面内に飛び込んでくるような印象も受けるほどだった。

「杉山監督からは『チャンスがあれば上がっていけ』と言われていますし、ボランチのヤマ君(山田尚幸)からは『俺が守備に残るから』と声を掛けてもらっているので、安心して上がれます。まあボールを奪われたら戻らなきゃいけないんですけど(笑)、そこはリスク管理をしながら臨機応変に。もともと攻撃の選手だったので、どんどん攻撃参加したいですね」と中村。より攻撃的な位置でプレーしたいかと聞くと「J2昇格に向けて強い志を抱いて秋田に来ました。チームに求められて試合に出ることが第一ですし、そこで自分の色を出すだけ。自分のゴールよりもチームが勝点3を取ることが大事です」と言い切る。その口ぶりに、迷いは感じられない。

杉山監督は「90分間全力でファイトできるところが、彼の一番の良さだと思います。複数のポジションをこなせる選手がいることも、チームにとっては大きい」と中村を評価している。

CBとして最後方でチームを支えながら、前線に上がるタイミングを狙い続け、ボールがあるところ、ないところでピッチを縦横無尽に動き回る。そんな中村のダイナミックで高揚感のあるプレーは、スタジアムで自分の目で追って初めて実感できる。試合を重ねるにつれて連携が深まり、パフォーマンスもさらに進化するはずだ。だからこそ、スタジアムで中村のプレーを観てほしい。

文:竹内松裕(秋田担当)
----------

人気コンテンツ“スタジアムナビ”では、ブラウブリッツ秋田のホームスタジアム「秋田市八橋運動公園陸上競技場」、「あきぎんスタジアム」の様々な情報を掲載しています。

観戦アドバイスや、スタジアムでの写真を投稿できる機能が追加されたので、どんどん投稿してくださいね!一緒にスタジアムナビを作りましょう!
秋田市八橋運動公園陸上競技場(ブラウブリッツ秋田)
あきぎんスタジアム(ブラウブリッツ秋田)

★ブラウブリッツ秋田ホーム開幕戦★
明治安田生命J3リーグ 第4節
3月25日(日)13:00KO 秋田陸
ブラウブリッツ秋田 vs 福島ユナイテッドFC

スタジアムナビ