【川崎F vs C大阪】 ウォーミングアップコラム:ホームでの復帰戦を迎える大島僚太

2018年4月10日(火)


日本代表招集中に負傷して戦線を離脱して居た大島僚太が復帰してきた。フル出場しチームの要として活躍した横浜FM戦後も足には問題は無いとのことで、このC大阪戦も出場の方向だ。

川崎FはこのC大阪戦を中2日の過密日程で戦うが、この件について大島は「仕方ないことだと思いますし、気にはしないです」と話す。ケガ明け直後の連戦ということで、コンディション作りは簡単ではないだろうが、しっかり合わせてきてくれているはずだ。
今更書くまでもないが、大島は元来身に付けていたボールを持っている時の技術の高さに加え、ここ数年メキメキと相手ボールを奪い切る守備力を向上させてきた。ボランチとして不動の地位を掴んだのは、攻守で要になれるスキルを持つからだ。

その大島は先日解任されたハリルホジッチ前日本代表監督からの教えの一つとして、デュエルを上げている。1対1で負けないことを求める言葉だが、これが出て来るあたり大島の守備力の向上と関連あるのかと考えた。ただ、大島に聞くと特には関係はないとのこと。自ら意識して守備について練習してきた結果だという。
「ぼくはずっとなんでもできるようになりたいと思ってましたし、自分自身に背がない分、地上戦で負ける訳にはいかないと思ってたので」。

また鬼木達監督が就任して以降、球際の激しさについて「口を酸っぱくして言うようになった」こともあると話す。自らの努力に加え周囲の環境が加わり今の大島が形作られているということのようだ。

いずれにしてもこの試合は大島が戦線に復帰してのホーム初戦となる。リーグ戦では直近の2試合で1分け1敗でと勝ててない。ACLも含め、すっきりしない試合が続いているだけにホームのサポーターに勝利を届けてほしいところだ。またそのためにも、ボールを奪い合う局面での大島のプレーに期待したい。

文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第7節
4月11日(水)19:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs セレッソ大阪

等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集