【鹿児島 vs 琉球】 ウォーミングアップコラム:目覚めたニューヒーロー 熱き薩摩隼人 野嶽惇也

2018年4月13日(金)


前節ザスパクサツ群馬戦で2得点を挙げ、鹿児島を勝利へと導いたニューヒーロー野嶽惇也(写真)。昨シーズン福岡大学から鹿児島ユナイテッドFCへ加入した野嶽は2年目の大切なシーズンを迎えている。
前節の勝利を「チームが勝ったこと、得点できたことで沢山の人が喜んでくれた事が嬉しかった」と振り返った。1得点目は直感で「俺のところにこい!!くる!!」と思っていたという野嶽。その数秒後には野嶽のヘッドからゴールネットへとボールが吸い込まれていた。今シーズン野嶽には元々持っているポテンシャルに加え「強い気持ち」という武器が備わった。「“強い気持ちで迫る”と言葉で言えば簡単に聞こえますが、自分で引き寄せる力ってあると思います。」と熱く語る。

 
チームとしても個人としてもキャンプから開幕までいい形で自信をつけてきた。しかし野嶽は自分の色をいかに出していくのか、迷っていた時期があるという。そんな時声をかけてくれたのが先輩である背番号24松下年宏だった。去年の年末頃から松下との交流が増え、プレー面はもちろんメンタルの上でも的確なアドバイスをしてくれたと言う。先日行われたNIFSとの練習試合の前に野嶽の気持ちに変化が生じた。「自分の“納得”できるプレーをしよう!」と気持ちを大きく切り替えることができた瞬間だった。―そして前節、ニューヒーローが誕生した。

 
“ハニカミ笑顔”が女性サポーターの心をくすぐる野嶽は、どちらかと言うと自分を表現する事が苦手なタイプだとイメージするが、今年の野嶽は違っている。というよりは元々熱い気持ちを秘めていたに違いない。
「もっとチームを勝たせる選手になりたい」そう力強く、堂々と語ってくれた。
目標は2桁得点!!!今年「自分維新」を果たした鹿児島生まれの熱き薩摩隼人 野嶽惇也の活躍に注目して欲しい。

文:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J3リーグ 第7節
4月14日(土)13:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs FC琉球

白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.7)
アクセス (3.6)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報