【甲府 vs 松本】 ウォーミングアップコラム:甲信ダービーは青赤の男(漢)・FW太田修介がプロ初ゴールでリーグ戦のホーム初勝利に貢献する

2018年4月13日(金)


今節の松本戦で先発となれば山梨中銀スタジアムでのリーグ戦先発は前節水戸戦(1-1△)に続いて2度目となる太田修介(写真)。ルヴァンカップ第1節・札幌戦(3-0○)は先発して勝利に貢献したが、リーグ戦では勝利に絡んだことがまだなく、ホームで勝利に貢献したい。そして欲しいのは勝利に貢献するゴール。「(プロになって)ゴールがまだないことで少しモヤモヤしているけれど、焦ってもいいことはないので(ゴールがないことが)実力だと思う。ゴールを決めるために日々トレーニングしているので、あとはチャンスを貰ったときに落ち着いてやるだけ」と冷静で現実的。

山梨県出身、甲府アカデミーOBで、ヴァンフォーレ原理主義者といっていいほどの甲府愛を持つ太田。サポーターは「青赤の男(漢)」という名誉ある言葉をチャントに入れてサポートしている。「『青赤の男』って言ってもらえることは嬉しいし、気持ちが入る」と太田も意気に感じて受け止めている。現在13位のチームが昇格争いに加わる順位(6位以内目安)に1節でも早く到達することが最優先事項であるが、太田や堀米勇輝というアカデミー出身選手がゴールを決めてそれに貢献することは地域を盛り上げるためにも必要な要素。今節は太田にそのチャンスが十分にあるはず。

「水戸戦は(リーグ戦ホーム初先発の)プレッシャーを少し感じたけれど、起用してもらえるのなら自分の特徴を出し惜しみしないで、その期待に応えたい。これまではチャンスに決められていないですけど、最後は自分を信じて足を振るだけ」

数試合前まではチームとしてもプレッシャーを過度に感じているような面もあったけれど、それが徐々に取れて自然体で戦えるようになっており、ホームのファン・サポーターのポジティブな声のもとで結果を求めることができる幸せを感じながら一発決めてほしい。そして、その貢献がリーグ戦のホーム初勝利に繋がったと喜びたい。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
4月14日(土)14:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC

山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.4)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.1)