【岐阜 vs 徳島】 ウォーミングアップコラム:「チームを助けられる存在となりたい」と語るチームの心臓、宮本航汰

2018年4月14日(土)


開幕から8試合が終わった。現在練習場には大きな声が一段と飛び交い、チームの雰囲気はより良くなってきたのが理解できる。宮本航汰(写真)も「試合の中でも選手同士で意見を言い合えるようになってきた」とチームを語った。

第2節・横浜FC戦から宮本がチームの心臓部であるアンカーポジションを担い、岐阜の試合内容の良化に一役買ったのは明白だ。もちろん、チーム全体のパスワークや守備への切り替えの速度が試合毎に高まっていることやFW陣の得点力が昨季よりも上昇している理由も挙げられる。しかし、「他選手と比較すると特別何かがあるわけではない」と少し控えめに自身を形容した21才の働きは、現状岐阜の攻守の要だ。

ボールのある場所に顔を出しては受けて捌き、攻撃のリズムを調整する役割を着実にこなす一方で、守備時には上下左右広範囲に渡って危険エリアをカバー。攻撃参加する相手MF達と対峙し、相手FWへのパスコースも分断する。そうしてピンチの芽を摘んだかと思えば、さらにプレスのスイッチも機を見て入れる。大木監督は宮本の選手像を「続けられる。走ることを止めない」と語る。その言葉はチームに欠かせない要素だった。心臓部となるアンカーポジションが固まったことで、岐阜は今季のチームの新たな形が形成されつつある。

「チームは集中していないわけではないが、あとは守備面だけ」。チームの課題を挙げながら、それでもチームの攻撃面には自信も見せる。「攻撃面は継続していけばいい。相手を押し込める時間は増えてきている」。

「特別何かがあるわけではない」。そう自身を形容したが、この言葉に続けて宮本は語る。「ガムシャラにプレーすること。あと一歩や1cmの粘りを表現して。苦しい時にチームを助けられる存在になれればいい。それが自分の特徴」。チームの勝利の為に、宮本はこの言葉を体現し続ける。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
4月15日(日)14:00KO 長良川
FC岐阜 vs 徳島ヴォルティス

岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (4.2)

移籍情報