【水戸 vs 金沢】 ウォーミングアップコラム:「大事なのは結果が出ていない時に努力を怠らないこと」。前を見続ける若きストライカー岸本武流

2018年4月14日(土)


8試合連続して、いまだ無得点。ストライカーとして納得できる結果ではない。そして、チームも現在4試合勝利がなく、開幕時の勢いを失いつつある。「僕がゴールを決めないから勝てないんです」。岸本武流(写真)は自らを責めるように、そう口にした。

「以前のフレッシュさはないですね」と長谷部茂利監督は岸本を含む若手のプレーについてそう評す。リーグ序盤、快進撃を見せたチームをけん引したのは岸本や黒川淳史ら若手の躍動感あふれるプレーであった。しかし、相手にプレーを分析されたこともあり、当時見せていた躍動感はやや影を潜めてしまっている。

ただ、それは決して停滞ではない。「プレーが安定してきていて、次のステップに進もうとしている段階なんだと思います」と長谷部監督は言う。ゴールという結果は出せていないが、前線からのプレスやボールを引き出す動き、そして周りを生かすプレーなどの質は試合を重ねるごとに高まっている。「そういう献身的なプレーをしながら攻撃で多くのチャンスを作れるようになれば、新しいステージを作っていけるのかなと思って見ています」と長谷部監督はさらなる進化への期待を寄せている。

そして、岸本自身も点を取れていない現状をネガティブにとらえていない。むしろ、ポジティブにとらえることができている。「大事なのは結果が出ていない時に努力を怠らないこと。むしろ、シーズンはじめにこういう時期が来たことをポジティブにとらえています。もし、最初から結果が出てしまったら、調子に乗っていたかもしれない。でも、こうやって自分を見つめ直すことができていることは今後に生きると思う」。軽い笑みを見せながら、岸本はそう口にした。

「(ゴールは)入る時は入るし、入らない時は入らない。今は流れが来ていないだけだと感じています。流れが来れば決められる。そのぐらいで考えています。なので、流れが来た時に逃さないようにしています」

常に前を向いてチームのために戦うストライカー。そろそろスポットライトを浴びていい頃だ。いざゴール量産体制へ。今節金沢戦でそのきっかけをつかみたい。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
4月15日(日)14:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs ツエーゲン金沢

ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.9)
アクセス (2.9)
イベント充実 (3.3)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.0)

移籍情報