【山形 vs 京都】 ウォーミングアップコラム:加賀健一がチームに与える、安心感というオーラ

2018年4月14日(土)


攻撃色を前面に押し出しながら、それ以上に失点もかさんでいた山形が、プライオリティのトップに「無失点」を掲げる大転換を図ったのが第6節・東京V戦。フォーメーションも4バックから3バックに変え、複数失点が当たり前に続いていた山形はそれ以降の3試合で0、1、0と失点を最小限にとどめている。安定した守備を維持するなか、前節・愛媛戦ではようやく今季2勝目を挙げた。

この東京V戦で復帰し今季初出場を果たしたのが加賀健一(写真)。自らに課せられた対敵の役割を果たすのみならず、中盤の中村駿が「後ろのリーダーがいるということが大きかった。試合中も誰よりも声を出してくれていた」というように、チーム全体に安心感を与える存在であることも見逃せない。試合の前半、阪野豊史のゴールが結局取り消されることになった場面でも、相手の抗議でプレーが中断している間に11人を集め、前半無失点でいくことを確認するなどチームをまとめている。

「僕は正直、ちょっと早いんじゃないかと思ったけど、ケンの意志もあった」

東京V戦後、そう明かしたのは木山隆之監督。まだコンディションが上がりきっていない加賀を試合に使うべきかどうか、相当な逡巡があった。ただ、濃密な話し合いの末、最後は信頼してピッチに送り出すことにした。

「3バックをするにはケンが必要だった。ケンがいなかったら踏み切れなかったかもしれない」

ようやく軌道に乗り出したチームの中で、加賀自身も少しずつトップフォームに近づいている。順位は19位から14位に上がったところだが、勝ち点や順位をどれくらい気にしているか聞いてみたところ、「俺は見てないんで、わかんないですね」という“らしい”返事が戻ってきた。

「まだ始まったばっかだと思うし、ここからまだまだ全然わかんないと思うし、連勝していけば上に行けるチャンスはあるんじゃないかなと思います。ただこれ以上は離されたくないというのはあるので、しっかり勝点を積み上げれるように頑張っていければいいかなと思います」

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第9節
4月15日(日)13:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs 京都サンガF.C.

NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.0)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報