【鳥栖 vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:いつまでも走り続けるのが彼の持ち味。左サイドは『三丸拡』に任せた!

2018年4月17日(火)


ここまでグループステージ3連敗で後がない鳥栖。今節の結果次第では、ルヴァンカップの敗退が決まってしまう。リーグ戦でも、思うような結果が出ていないだけに、今節の戦いをどのような形で迎えるのかはキックオフを待たないといけない。

しかし、ピッチに立つ選手には、どんなシチュエーションでも関係ない。追うのは目の前のボールであり、負けてならないのは相手だけである。そう、湘南なのである。

連戦が続く中での平日開催なので、おそらく左サイドDFには三丸拡が先発出場すると思われる。
彼をよく知る人は、『走ることは誰にも負けない』と評するほど、惜しみない運動量を見せてくれる選手である。そして、ルヴァンカップ第3節長崎戦ではゴールを決めてくれた。ボールを追い、ゴールを狙っている証拠である。 前述した人が続けて教えてくれたことがある。『彼(三丸拡)の良さは、使い続ければきっとわかる』と。身体的に恵まれている選手ではないが、主戦場とするサイドDFに求められるすべての要素を持ち合わせている選手なのである。玄人好みの選手と言った方が、説明つくかもしれない。

同じポジションには、今シーズンキャプテンを務める吉田豊がいるが、彼に負けぬ劣らぬ資質を持っている。もし、サイド攻撃を鳥栖が選択するのであれば、左に三丸拡、右に吉田豊を配置するのも一策である。
そのためには、ルヴァンカップ第4節湘南戦で彼の左サイドでの躍進を期待するしかない。勝敗以上に今シーズンを戦ううえで必要なものを証明してくれるはずである。

惜しみなく左サイドを走り続けろ。幾度となくクロスを上げ続けろ。そして,我武者羅にゴールを狙え。
それが三丸拡なのである。

文:サカクラゲン(鳥栖担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第4節
4月18日(水)20:00KO ベアスタ
サガン鳥栖 vs 湘南ベルマーレ

ベストアメニティスタジアム(サガン鳥栖)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.7)
アクセス (4.7)
イベント充実 (3.9)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (4.0)

移籍情報