【新潟 vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:”攻めの守備”が魅力の広瀬健太。ホームデビューを待ち望む

2018年4月21日(土)


湘南から期限付き移籍していた栃木での2シーズンを経て、今シーズン、新潟に完全移籍で加入したDF広瀬健太(写真)にとって、ホームデビューの瞬間が近づいている。「自分はまだ、ビッグスワンの素晴らしい雰囲気を体験できていない。あのピッチでプレーできることを幸せに感じながら、勝点3を取りたい」と、胸を高鳴らせている。

開幕の讃岐戦にセンターバックとしてフル出場したものの、試合途中に右足首を痛め、離脱を余儀なくされた。復帰戦は前節で、相手は奇しくも栃木。成長した姿を見せたいところだったが、ロングスローから2失点。自身がマークしていた大黒将志に先制点を決められたのも、痛恨だった。「悔しさもあるし、遠く、宇都宮までたくさんのサポーターが来ていただいたのに、申し訳ない気持ちでいっぱいで」。苦い経験を、前に進むパワーに変えて次の出番に臨む。

今シーズンからチームを率いる鈴木政一監督とは、日本体育大学以来の再会となる。浦和ユース時代に攻撃的MFからセンターバックにコンバートされた広瀬を、鈴木監督は1年時から抜てき。「守備のポジショニングの基本は、マサさんに教わった」という広瀬だけに、新潟でもチームが目指すサッカーの体現者になることが期待される。

「マサさんの守備は、ボールを自分たちで取りに行く。守備のための守備ではなく、攻めるための守備であるところが魅力的」

その守備を大宮相手に機能させるためにも、周囲の選手との“つながり”を大事にしたいという。ここぞというところでボールを奪い切るために、選手個々のポジショニング、スライドは生命線だ。試合の流れを読みながら守備をリードする。

注目すべきポイントは、守備にとどまらない。積極的なビルドアップのパスの付け所や、大胆かつ鋭いフィード、さらに「去年、おととしと3点ずつ取っている」というゴールは、セットプレーから挙げたもので、もともと攻撃的なポジションだったセンスは、今も健在だ。攻めの守備で、チームにリーグ戦4試合ぶりの勝利をもたらす。

文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J2リーグ 第10節
4月22日(日)13:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs 大宮アルディージャ

デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.8)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報