【札幌 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:リーグ屈指の左足で横浜FMゴールを強襲する、志高き背番号5に注目せよ

2018年4月24日(火)


前節の浦和戦では得点こそ演出することができなかったものの、CKや直接FKなどの場面になると、その度に試合の緊張感がグッと増していた印象だ。

福森晃斗(写真)。この選手の左足から放たれるプレースキックはすべてのチームが警戒をしていることだろう。高校の先輩でもある中村俊輔選手(磐田)のプレースキックは常に注目をされているし、全国のサッカーファンにも周知されていることと思うが、この福森のキックも同じように国内屈指のレベルにあると言える。かつてイタリアのサンプドリアなどで活躍をした旧ユーゴスラビア代表のシニシャ ミハイロヴィッチを彷彿とさせるキッカーだと、個人的には思っている。

そしてもちろん、プレースキック時のみではない。前述した浦和戦ではDFラインから高精度なパスを何本も前方へ配球していたし、今シーズンは高い位置へ持ち出してのプレーも増えてきており、そこからのラストパスも相手の脅威となっている。ペトロヴィッチ監督が標榜する攻撃的なパスサッカーの中心を担っている。この横浜FM戦でもぜひ、この選手にプレーぶりに注目したいところだ。

そして福森は現在のチーム状況をこのように口にしている。
「浦和戦にしても、去年までの僕らであれば『勝点1でも御の字』という意識があったし、実際にそういう立場だったと思う。でもいまでは勝点1では満足できない。強い相手チームとのアウェイゲームでも勝点3を取りたい。そういう意識になってきている」

ペトロヴィッチ監督は就任時、「このチームのマインドを変えたい」と強く発していたが、まさにすでに福森のマインドは高まっている。現在は4位だが、それでもまだまだ上を目指すべく、強烈に左足を振り抜いていく。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J1リーグ 第10節
4月25日(水)19:00KO 札幌厚別
北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス

札幌厚別公園競技場(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.8)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.2)
グルメ (2.9)
アウェイお楽しみ (2.7)

移籍情報