【盛岡 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:序列を一気に上げ、CBの一番手に。”修繕者”田中憧が今季初のクリーンシートを狙う

2018年4月27日(金)


グルージャ盛岡において、今、最も好調なひとりがCBの田中憧(写真)だ。直近2試合でフル出場を果たし、安定感のあるプレーで最終ラインを支えている。

今季の盛岡は5枚のCBを擁するが、田中の序列は必ずしも高くはなかった。しかし、開幕から守備が安定しないチーム状況、そしてけが人の影響から菊池利三監督は5節に田中をスタメンに抜擢。アグレッシブかつ用心深いプレーで監督の起用に一発回答を出して見せた。

「(初先発となる)群馬戦でしっかりチャンスをモノにしたひとり。チームにフィットできているので、これを継続していけるかどうかが彼のプレーヤーとしての勝負所になる」(菊池監督)

指揮官が掲げる勝負所は本人も強く自覚している。

「自分の中ではまだまだ足りないところばかり。ただ、この2試合で手応えやつかみかけてる部分はあるので続けていきたい。コンディションが良い時期だからこそ、けがには十分に注意してトレーニングとケアに努めたいと思います」(田中)

田中の魅力は的確な読みにある。展開を先読みし、あらゆる想定のもとで準備を怠らない。自身が「身長も大きくないし、スピードも特別速いわけではない」というように、フィジカル的なアドバンテージはないが、局面での体を張った守備はもちろん、カバーリングにも冴えをみせ、守備の綻びを繕う。また、注目したいのがボールの持ち出しだ。巧みなタイミングでボールを持ち出し、相手に寄せるかステイかの判断を迫る。局面を変えてからのフィードは優位性を生み出し、ゴールへの糸口にもなる。

「ここ数試合は後半に自分たちの時間帯をつくれているので、鹿児島戦は前半をしっかりゼロで抑えたい。セットプレーを与えない。ファウルの場所を考える。後ろからコーチングしてチームとして徹底していきたいですし、今季初の完封にもこだわりたいです」(田中)

目指すのは今季初のクリーンシート。リーダーシップを発揮し、守備をオーガナイズする統率者へと飛躍する23歳のプレーが、開幕から続くホーム無敗記録更新へのかぎとなる。

文:高橋拓磨<cross Line>(盛岡担当)


明治安田生命J3リーグ 第8節
4月28日(土)13:00KO いわスタ
グルージャ盛岡 vs 鹿児島ユナイテッドFC

いわぎんスタジアム(いわてグルージャ盛岡)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報