【岐阜 vs 金沢】 ウォーミングアップコラム:田中パウロ淳一。昨季からの成長が今季の活躍を支える

2018年4月27日(金)


現在チームトップの5ゴール。今節は金沢との古巣戦でキャリアハイとなる6ゴール目を目指すのが田中パウロ淳一(写真)だ。「勝つ試合もある。でも順位を見れば、、、。(チームが本来持っている)得点力も出せていないところが多い。これからなんだと思う」と、現在のチーム状態を認識するサイドアタッカーの活躍に今節は大きな期待を寄せたい。

田中は今季、自身のプレーを絡めたチームの攻撃の形をこのように見ている。「昨季はパターンを駆使して決定機の場面を迎えていた部分が多かった。でも今季はパターンだけに頼らない形が出来たり、(パターンを)応用することができている」。そして自身のプレーにも言及。「僕は泥臭いプレーが得意ではなかったから。昨季は泥臭いプレーができるように学んだ。攻撃だけではなく、守備でも走り切れるように」。

自身はドリブルが持ち味。だからこそ、率直に“足りない”と感じる守備面に目を向け始めた昨季からの成長が、今季の田中を支える。そして、第6節・愛媛戦では自身初となるハットトリックを記録。チームで行う、素早く相手に接近し圧力を掛ける守備に奔走し、ボールを奪えばカウンターへと転化させるチームスタイルに田中がジャストフィットした試合だった。「ごっつあんゴールのようなものが多い。でも、上手く走り込むことができるようになってきた」。

昨季から、突破に成功したサイドの逆側にクロスを送りゴールを狙う攻撃の形を積み上げてきた岐阜。今季はそのタイミングや決定機の作り方に磨きを掛け、その中で田中が最後の仕留めを担う。逆サイドで田中の得点に数多く絡む古橋亨梧との呼吸がピッタリと合った瞬間が、今季の岐阜の得点パターンだ。

「(古橋)亨梧は僕に合わせられるが、僕は合わせきれない面があった」昨季を乗り越えて、新たなプレースタイルを手にしたチームの元気印でもあるドリブラーは、今節に向けてこのように意気込んでいる。「得点して、チームを引っ張りたい」。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
4月28日(土)15:00KO 長良川
FC岐阜 vs ツエーゲン金沢

岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集