【山口 vs 新潟】 ウォーミングアップコラム:今季初スタメンで躍動の池上丈二。前向きベクトルで結果直結

2018年4月27日(金)


今季初めてスタメンに名を連ね、実質的に2ゴールに関わったのが池上丈二(写真)だ。「いつかチャンスは来る」とそのときを待ち続け、前節の町田戦では持ち味のパスや思い切りの良さを生かして躍動。2連勝へ向け、「スタメンではしっかり結果を残す」と誓う。

ボランチでピッチに立つ場合もあるが、前節は2列目からゲームを動かした。1点目は前貴之からのパスをペナルティーエリア内で引き出し、小野瀬康介へと展開。シュートのこぼれを高木大輔が押し込んだ。2点目はドリブルでゴール前へと入る積極的なプレーを見せ、これがPKに直結。「2列目から飛び出すことは大事だ。1点目も、2点目もアド(オナイウ阿道)がすごく溜めてくれていたので、飛び出したらチャンスは絶対にあると思った」。

こうしたプレーを霜田正浩監督は、「ジョージは運動量があって走る。ボールを受けることを怖がらないし、受けたら後ろに返してしまうという癖を克服しつつある」と評価。ただ、「成長の途中」とも言いさらなる技術向上を促す。池上も「霜さんから言われることは自分でも意識し、少しずつ改善はできている。もっとクオリティーは上げていきたい。自分が成長していく上でいい声かけをしてもらっていると思うので、期待に応えないといけない」と前を向く。

3月25日の松本戦ではパサーとして途中出場し、劣勢のゲームを反転。0-2から2-2に持ち込む原動力となった。その後はすぐにスタメン獲得とはいかなかったが、練習から積極的にボールに関わり、パスや運動量、推進力などでチーム内からの信頼は上昇。ついに今季初スタメンをつかんだが、それでも「まだまだ」と自分のプレー磨きを続ける。「良さが出せたシーンはあったが少なかった。個人としてはまだまだ。前に付けるパスだったり、セットプレーのキックだったり、特長をたくさん出せるようにしていきたい」。

今節は相手がリーグ戦連敗中とはいえ、力のある新潟をホームに迎える。イメージは頭の中にたたき込んだ。「自分たちの3トップは強烈なので、すごくいいボールを与えられればいいシーンになる」。再びの連勝に向け、池上丈二のゴールへとベクトルを向けたパスやドリブルから目が離せない。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
4月28日(土)15:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs アルビレックス新潟

スタジアムナビ