【大宮 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:2年目・河面旺成の逆襲

2018年4月27日(金)


河面旺成(写真)のプレーが躍動感を増している。プロ1年目の昨季はなかなか試合に絡めない日々が続き、苦汁をなめたが、今季は開幕からベンチ入り。第8節・山口戦(1●2)からは3試合連続で先発を果たしている。チームも山口戦から徐々に内容を向上させ、前節・新潟戦(1○0)はスコア以上の内容で完勝。河面自身も持ち味の攻撃参加に加え、アグレッシブな守備で勝利に貢献した。

試合を重ねるごとに攻撃参加のスムーズさは増し、相手に直接的な脅威を与えるシーンも多くなってきた。「だいぶ落ち着いてプレーできるようになりました」と話すように公式戦への慣れも生まれ、良い意味で周囲に遠慮せずに特長を発揮。特に右サイドハーフの嶋田慎太郎からのサイドチェンジで深い位置まで抜け出す形は、チームの大きな武器になっている。

「シマ(嶋田)はカットインできるので、そのタイミングで僕もうまく上がってサイドハーフを中に入れています。シマには『中に運んで、出すところがなくなったときに大外が空いているから』と言っているので、お互い意識し合えるようにしています」

カットインからの左足シュートを持つ嶋田、そして中央に絞って連係を試みる左サイドハーフを警戒して寄せざるを得ない相手からすれば、厄介極まりない攻撃だ。自らの武器を押し出すために周囲とのコミュニケーションを欠かさず取り、要求し合いながら連係を組み立ててきた成果に自信を深めつつあるが、慢心はない。

「まだまだ順位的には満足いく順位ではない。この次の試合(東京V戦)というのが一番大事になってくる。ホームで戦えますし、しっかり結果にこだわらないといけないと思います」

2年目の逆襲はまだまだ始まったばかり。まずは難敵・東京Vの堅守を打ち破る攻撃力を発揮するとともに、本職の守備でも2試合連続無失点を目指す。

文:片村光博(大宮担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
4月28日(土)16:00KO NACK
大宮アルディージャ vs 東京ヴェルディ

NACK5スタジアム大宮(大宮アルディージャ)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.4)

移籍情報