【甲府 vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:橋爪勇樹、吉田監督とファン・サポーターに応える勝利のために今節はボランチで闘う

2018年4月27日(金)


今季がスタートしてしばらくは「自分のポジションがどこか分からない」と悩み多き時間を過ごしてきた橋爪勇樹(写真)。リーグ戦では開幕から2試合先発での出番がなかったが、JリーグYBCルヴァンカップ第1節札幌戦(3-0○)はストッパーで先発して「攻撃的CBでよかった。『俺はここもできる、あそこもできる』と思えばいい」と吉田達磨監督から評価を受け、背中も押された。“本職はWB”という自負があったと思うが、チーム構想の中で獲得した新加入選手と自身を比較して「自分のポジションがどこか分からない」ということになっていたのかもしれない。

序盤はDFにケガ人がちょくちょく出たことで”攻撃的CB“として期待されるも、札幌戦での腿カン(太腿の打撲)のダメージが大きく復帰まで時間がかかってしまい、リーグ戦復帰は第9節の松本戦(0-1●)の82分から。続くルヴァンカップ第4節清水戦(1-1△)、リーグ第10節愛媛戦(0-0△)とストッパーで連続先発も勝利無し。今節はボランチ起用が濃厚だが、その間には吉田監督の進退問題が不確実な状態で出てきてチームはモヤモヤした状況で戦ってきた。

「ボランチでは何度かプレーしたことはあります。ゴローちゃん(稲垣祥・広島、前甲府)も点を取ったことだし、ボランチは攻撃に上がる回数が増えるので狙います(笑)。試合でプレーしているのは俺たち選手。監督は采配をしているけれど、ピッチの中で戦っているのは選手。(勝てていないことを)反省して改善しないといけないのでは俺たち。(進退問題が起きて)申し訳ない気持ちです。(松本戦後にサポーターが残ったことは)いい意味で刺激を貰ったと思います。それだけサポーターも本気だということ。それに対して結果で示さないといけない」と、モヤモヤを吹き飛ばす答えを出す意欲は強い。甲府(17位)も千葉(19位)も結果が欲しい今節。激しい試合になることは必至。吉田監督、ファン・サポーターに応える結果をもぎ取ってほしい。

文:松尾潤(甲府担当)


明治安田生命J2リーグ 第11節
4月28日(土)18:00KO 中銀スタ
ヴァンフォーレ甲府 vs ジェフユナイテッド千葉

山梨中銀スタジアム(ヴァンフォーレ甲府)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報