【横浜FM vs 鹿島】 ウォーミングアップコラム:天野純が「左足」と「強気」で勝利の旗印に!

2018年4月27日(金)


ここ5試合、3敗2分と白星なし。しかも3敗すべてが逆転負け。連戦のさなか、トリコロールの戦士たちの心身は相当、疲弊しているに違いない。その影響からか前節の札幌戦では消極的なビルドアップが目についた。攻めに行き詰まるとすぐにバックパス、中央からチャレンジして崩しにかかるシーンも皆無に等しい。天野純(写真)もそれを肌で感じていた。

「どこかでミスしちゃいけないと思って、プレーが消極的になっていたのかもしれない。細かいところをもっと突き詰めていきたいと思います」

うつむき加減でそう話した。試合中、彼の“十八番”といえる前線への飛び出しも少なく、攻撃への関与が低かった。だが、その一方で、セットプレーで存在感をチラリ。44分にはCKから中澤佑二の頭に合わせ、金井貢史のゴールを演出。90分+1にはFKで、相手GKのビッグセーブに阻まれるも、左足の好シュートを放っている。そこは明るい兆し。連戦中で戦術等の軌道修正が難しい今、“止まったプレー”から活路を見出すのも一手だ。

あとは「病は気から」ではないが、開幕当初の強気な姿勢を思い出してほしい。あの頃、天野自身が胸を張って話していたことを。

「今年はアタッキングサッカーを掲げている。僕たちはまだまだ成長段階にあるので、これを続けていけば、どのチームも僕たちを止められないと思います。しっかりパスでつなぎ倒し、フィニッシュまでもっていく」。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)


明治安田生命J1リーグ 第11節
4月28日(土)19:00KO 日産ス
横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

日産スタジアム(横浜F・マリノス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (4.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報