【浦和 vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:橋岡大樹、課題と収穫を手に成長中

2018年4月27日(金)


苦境からの脱却を目指す浦和で貴重な時間を過ごしている選手がいる。高卒ルーキーの橋岡大樹(写真)だ。

大槻毅暫定監督が4月2日に緊急措置で立て直しを託されたそのわずか2日後、JリーグYBCルヴァンカップの広島戦でプロとしてのデビューを飾ると、そこからコンスタントに出場機会を獲得。公式戦ここ5試合すべてでピッチに立っており、リーグ戦に限定すれば4試合連続フル出場中だ。
まだプロ仕様に出来上がっていない身体に連戦の負担はかなり大きいはずだが、「若いのでそこは走らないといけないし、そこで見せなかったらどこで見せるという感じだと思います」と歯を食いしばる。

持ち味を出してアピールできることもあれば、うまくいかずに悔しい思いをすることもあるが、今はすべてが成長の糧となっている。直近の柏戦ではクリスティアーノとマッチアップする形となったが、それも良い刺激となった。空中戦で競り合り、勝つこともあれば負けることもあった。サイドで対峙した時に後手を踏んだ場面もあれば、相手に気持ちよくプレーさせなかった場面もあった。

「できている部分もあると思うので、できていない部分を見直して改善していくことも大事ですけど、できている部分も継続していくこともやっていきたいです」

失敗して課題に直面し、成功して自信を深める。橋岡はプロ1年目の序盤から濃密な時を過ごしている。「湘南は前から勢いよく来るチーム、走れるチームなので、本当にタフなゲームになると思います。攻撃を何回も繰り返せば守備の時間も少なくなると思うので、そういったゲームにしていきたい」。次の湘南との戦いもまた、貴重な糧になるはずだ。

文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第11節
4月28日(土)16:00KO 埼玉
浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ

埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集