【磐田 vs C大阪】 ウォーミングアップコラム:セレッソ大阪戦に向けて再起を誓う櫻内渚

2018年4月27日(金)


明治安田J1第8節鳥栖戦から右ウイングバックには、小川大貴の起用が続き、第7節ガンバ大阪戦以降はリーグ戦で出場機会を減らした櫻内渚(写真)。メンバーから外れた鳥栖戦後に指揮官は、「スタジアムの上から1度試合を見る機会を与えたかった」と言及し、試合を俯瞰して眺める時間を与えることで、自分のプレーを整理させることが狙いだった。

もちろん出場機会を減らす中で、不安にならない選手はいない。その中でいかに前を向いて、その時間と真摯に向き合うかが重要となる。櫻内はその時間と真摯に向き合っていた。「自分がレベルアップするために、大切な時間だと思っている。自分に足りないと感じた部分は練習から取り組む」と前向きな姿勢で日々の練習に励んだ。

奇しくも2人のタイプは異なる。櫻内はバランス感覚に優れ、味方とのパスワークの中で自分のポジションを押し上げていく。一方の小川大は、思いきりの良い飛び出しやスピードのあるドリブルといった縦への推進力で自分のポジションを押し上げていく。このタイプの異なる2人のウイングバックについて「(小川)大貴には大貴の良さが、(櫻内)渚には渚の良さがある。大貴と同じようにプレーして欲しいと思っていない」と話した。また櫻内も小川大貴とのプレーを比較する中で、「仕掛けの意識が少なかった。そのポイントをしっかりと見極めて、時には仕掛けることも大切」と新たな発見もあった。

今節は、前線に清武や杉本といった日本を代表する強力な攻撃陣を誇るセレッソ大阪との一戦。試合前日練習で桜内は、スタメン組のチームでプレーし、右ウイングバックでの起用が濃厚となった。チャンスが回ってきた今節に向けて櫻内は、「積極的にトライして、足りなかったことをプラスアルファしたプレーをしたい」と意気込みを語った。指揮官も「彼の良さをしっかりと発揮して欲しい。セレッソの攻撃の流れをうまく遮断してくれることに期待している」と期待を寄せた。本来の持ち味と新たな発見を上乗せしたプレーで再起を誓う。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第11節
4月28日(土)15:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs セレッソ大阪

ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.4)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.5)