【松本 vs 水戸】 ウォーミングアップコラム:「やはり楽しみです」。同胞との“再会”を待つパウリーニョ

2018年5月2日(水)


「6試合負けなしでチームの雰囲気は良く、自信にも繋がっています。この水戸戦は勝たないといけない試合だし、 自分たちにとっては良い試練だと思っています。 これからは自分たちの良さを消すような戦術を採るチームも増えてくるはずで、その壁を乗り越えないといけない」

今節・水戸戦が近づくなか、そう意気込むのはパウリーニョ(写真)だ。開幕直後は不完全燃焼の続いた松本も、その言葉どおりに上昇傾向へと転じている。前節・愛媛戦では1点ビハインドで迎えた試合終了間際に同点へと追いつき、貴重な勝点1を得ることに成功した。それもチームに勢いがあるからこそ、と言えよう。

今節はゴールデンウィークの過密日程や負傷者の発生もあって、両チームともに先発の11人がどのような顔ぶれとなるか読めない一戦だ。その中にあってパウリーニョは、昨季は同僚だったジエゴとの対戦を心待ちにしている。

「(ジエゴとの対戦は)やはり楽しみです。彼が水戸というチームにフィットして試合に出られていることは知っているし、それを嬉しく思っています。昨年の1年間で日本のサッカーにも慣れ、その日々で学んだことをピッチで表現できている。人間性も素晴らしい選手だし、良いクロスやロングスローも持っている。その意味でもライバルとして非常に厄介ですね」

日本でのキャリアも長いパウリーニョは、初の海外挑戦ということで戸惑いもあったジエゴに“良き兄貴分” として接し、ピッチ内外で好影響を与えてきた。間近でジエゴの奮闘を見てきただけに、新天地で成長する歩みを止めない同胞との再会は楽しみで仕方ないのだろう。

その上で、「もちろん試合は勝ちにいきます」と水戸戦の健闘を誓うことも忘れなかったが。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
5月3日(木)14:00KO 松本
松本山雅FC vs 水戸ホーリーホック

サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)