【鹿児島 vs 長野】 ウォーミングアップコラム:2試合連続ゴールのDF田中秀人 "力の源は家族の笑顔"

2018年5月2日(水)


「サッカー人生の中で2試合連続ゴールは初めてなんです」そう振り返るのは、DFながら第7節の琉球戦、8節盛岡戦と2試合連続ゴールを決めた田中秀人(写真)だ。好調の理由を聞いてみると「自分でも分かって・・ないんです」と、自分でも驚いている様子だ。ただ、「誰が点を取るか、というよりチームが“こうやろう!”というものをハッキリ持って試合に臨んでいることがいい結果に繋がっている」と分析する。チームが取り組んできたことが、いい時間での得点につながっているというのだ。
 
田中秀人といえば1対1に強い守備の要である。これまで様々な場面で鹿児島のピンチを救ってきた。「守備の人間はゼロで抑えることでしかなかなか貢献できないですが、得点をとってチームを勝たせられるという新しい“サッカーの楽しみ”を感じています」。今年33歳になる田中は、今シーズン、サッカーに新しい魅力を感じているという。得点には“人を喜ばせるパワーが”あるということをこの2試合連続ゴールで感じたのだ。守備に関しても聞いてみた。「ボール際や切り替えの部分、譲れない要素にこだわった結果良い守備に繋がっている」と話してくれた。一番後ろで見ているからこそ全員が頑張っている姿に刺激をもらう。自分も相手ゴール前でしっかり貢献しなければという高い意識を持つことができるのだ。
「サッカーってやっぱり面白いですね!」ベテラン田中の表情がサッカー少年のように輝いた。
 
そんな田中秀人の一番のパワーの源は5歳の娘さんの存在だ。勝利したその日にスタジアムから家に帰り玄関で娘さんに笑顔で迎えてもらう瞬間が一番の幸せなのだとか。スタジアムの雰囲気やスタジアムグルメも楽しめる年頃になり、サッカーにも興味を持ってくれているという。「娘の存在は人生の“源”ですね!」辛い時は支えとなり、嬉しい時はより幸せな気持ちになる田中の生きる力の源が大切な家族の存在なのだ。
 
今節、明治安田生命J3リーグ第9節長野戦は「ユナイテッドこどもまつり2018」。高校生以下のお子様を無料招待する。鹿児島のパパを代表して田中秀人が子供たちの英雄になる。ぜひゴールデンウィークは家族で鹿児島ユナイテッドFCを応援してほしい。

文・写真:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J3リーグ 第9節
5月3日(木)13:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs AC長野パルセイロ

白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.7)
アクセス (3.6)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報