【熊本 vs 甲府】 ウォーミングアップコラム:プロ3年目、八久保颯が思い描く、チームの中での存在感。

2018年5月5日(土)


2点を追う展開となった前節の岐阜戦、交代出場の伊東俊がドリブルで持ち込んだ場面にしっかり並走し、右足で一矢報いたMF八久保颯(写真)。得点は第7節新潟戦以来の今季2点目だが、プレースキックで得点を演出する場面は多く、第10節京都戦でも正確なフリーキックから逆転ゴールにつなげた。
「キッカーとして蹴る本数が増えていることも、感覚が上がってきている理由かなと思います。良いボールを蹴れれば勝ちにつながるので、もっと精度を上げていきたい」
 
今シーズンは第4節の愛媛戦で初先発し、ここまで11試合に出場。昨シーズンは21試合に出場して3得点を挙げているが、現在のポジションは「どこにでもパスを出せるし、自分も抜けていける」と、得点に絡む回数はさらに増えていきそう。

「プロ3年目でも、25歳という年齢を考えれば“若手”ではないし、中心になってチームを引っ張らないといけない年齢だと思います。昨シーズンも考えていましたけど、今年は試合を通して自信がついてきたことで、よりそう考えるようになった」
 
その意識は、得点に関わる場面に限らない。「ボールを落ち着かせたり、しかける場面でのスピードアップもできるポジションなので、その選択を間違わないようにしたい」という。
 
学生時代から、試合中の疲労の蓄積で大事な場面で走れない、あるいは無理に関わってミスにつながるといった苦い経験もした。そうした経験も糧に、「息が上がっているときでも最低限の役割はできるように」と、体力的な配分も含め、ゲームの中で重要な『勝負どころ』を見極めることも意識している。この数試合は、それがしっかり表現されていると言えよう。

「得点も2桁取りたいですし、アシストももっとつけたい」
 
決して口数は多くない八久保が、そのプレーで、存在感を見せつける。

文:井芹貴志(熊本担当)


明治安田生命J2リーグ 第13節
5月6日(日)13:00KO えがおS
ロアッソ熊本 vs ヴァンフォーレ甲府


えがお健康スタジアム(ロアッソ熊本)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.0)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.2)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報