【山形 vs 讃岐】 ウォーミングアップコラム:熊本雄太、転んで、学んで

2018年5月5日(土)


大卒ルーキーのJリーグデビュー戦は第3節、偶然にも、自分と同じ名前の熊本戦だった。

ジャイロ ロドリゲスや加賀健一など主力のセンターバックが相次いで離脱するなか、開幕から2試合ベンチにも入っていなかったのには事情があった。早稲田大学時代の昨年3月に足首を脱臼骨折。秋にはリーグ戦に戻り、チームの1部昇格に貢献したが、オフにボルトを抜く手術を行い調整が遅れていた。

同じ大卒ルーキー・北川柊斗とともに同時にJリーグデビューを果たしたその試合で、チームは2-1と今季初勝利を飾る。抜擢した木山隆之監督は試合後、「クロスとか中に入ってくるボールはほとんど跳ね返せてたし、つなぎも落ち着いてやっていた。何回か相手のスピードに持っていかれたところがあったけど、全体的には十分にやってたと思います。彼は最初の試合でいいプレーをしたのは間違いないと思うし、(次節の)チョイスには当然入ると思います」と合格点を与えた。

途中、加賀の復帰とともにシステムが4バックから3バックになり、戦術も大きく変更されたが、指揮官の評価を得た熊本雄太(写真)はポジションをしっかりつかみ、前節まで9試合に出場している。

自分が武器としているのは、186センチの長身を活かした空中戦と正確なフィード。ただし、プロの世界ではそれが通用しない場面もある。第5節・横浜戦では、相手のエース・イバとのヘディングの競り合いで、頭の上から叩かれゴールを許した。第10節・松本戦では相手の早いアプローチを意識するあまり、トラップを乱され攻撃の起点になれなかった。

ただ、熊本には大きな武器がもう一つある。現実を正面から受け止め、少しでも良くしようという謙虚さと向上心だ。練習中には先輩にあたるチームメートから厳しい指摘を受けることもあるが、「日々レベルアップしていかないといけないと思います。上の選手が厳しくいってくれることはありがたいですし、受け入れて、自分のレベルアップにつなげていきたいと思います」と話す。

経験を積むほどに、さらに大きな存在感を身に纏っていく。

文:佐藤円(山形担当)


明治安田生命J2リーグ 第13節
5月6日(日)13:00KO NDスタ
モンテディオ山形 vs カマタマーレ讃岐


NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集