【鳥栖 vs 長崎】 ウォーミングアップコラム:「鳥栖の勝利に貢献出来るように…」と移籍後ルヴァンカップ初勝利を目指すGK高丘陽平。

2018年5月8日(火)


2017年シーズンでは、横浜FCでリーグ戦41試合に出場したGK高丘陽平(写真)。2013年5月に2種登録選手され、2014年から2015年にかけてJリーグU-22選抜された経歴を持つ。
身長は181㎝とGKの中ではさほど高くはないものの、トップチームに入るだけの資質をもった選手である。ケガで赤星拓が離脱した中で、鳥栖のゴールを守るべくシーズン途中に移籍加入した。

鳥栖での出場は、ルヴァンカップ予選第3節湘南戦だった。それまでの鳥栖は予選3試合で3敗位だったが、彼がピッチに立った試合では引き分けに終わった。Dグループ予選結果は1分3敗と振るわず、今シーズンも予選突破はかなわなかったが、チームにとっても彼にとっても、今節の長崎戦は消化試合ではない。

前試合となったリーグ第13節清水戦はリーグ戦7連敗が止め、今後に向けての巻き返しの一戦となった。予選敗退が決まった試合とはいえ、チームに勢いをつけサポーターに期待を持たせる一戦としなければならない。
また、今節のルヴァンカップ長崎戦は、リーグ戦の出場機会の少ない選手にとっても絶好のアピール機会となる。もちろん、GK高丘にしても同じこと。前試合の予選第4節では引き分けに終わっているだけに、今節は何としても勝利で終わらせたいところである。
それが加入時にコメントした「鳥栖の勝利に貢献出来るように・・・」の体現でもある。
頑張れ!GK高丘陽平。

文:サカクラゲン(鳥栖担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第5節
5月9日(水)20:00KO ベアスタ
サガン鳥栖 vs V・ファーレン長崎

駅前不動産スタジアム(サガン鳥栖)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.8)
アクセス (4.8)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報